ラシック > お知らせ > ニュース > 【感情×IT】感情解析に関する研究結果を情報処理学会にて発表

【感情×IT】感情解析に関する研究結果を情報処理学会にて発表

2016年03月11日

LASSICが鳥取環境大学、鳥取医療センターと共同で設立した感情医工学研究所では、感情解析技術を産業分野に活かし、企業理念である「『らしく』の実現をサポートする」ことを目指し、実用化のための研究を行っています。

3月11日(金)、情報処理学会 第78回全国大会にて研究結果の発表を行いました。

タイトルは「インテルRealSense™ を活用したマルチモーダル感情分析システムの開発とその評価」、感情と組織の生産性向上についての検証内容をまとめています。

■情報処理学会 第78回全国大会プログラム
http://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/78/program78.html

 

発表内容については下記の記事をご覧ください。

graph

らしくメディア|事例紹介
部下の感情状態を把握することは、組織の生産性向上に有効か?


今後もLASSIC感情医工学研究所の研究にご期待ください。


「ココる」

こころ、踊るIT。「ココる」

 

関連URL




個別ページです 投稿ページです 通常の投稿ページです