ラシック > お知らせ > ニュース > 丸森町と『高度ICTを利活用した移住・定住・交流促進に係るパートナーシップ協定』を締結

丸森町と『高度ICTを利活用した移住・定住・交流促進に係るパートナーシップ協定』を締結

2016年10月17日

協定式の様子

LASSICは、宮城県伊具郡丸森町(町長:保科 郷雄、以下丸森町)と、高度ICT(情報通信技術)を活用して町内への移住や観光客誘致を促進するパートナーシップ協定を締結しました。

この協定のもと、『高度ICTを利活用した移住定住促進プラットフォーム構築の共同プロジェクト』(以下、本プロジェクト)を開始します。

2016年10月14日(金)、この協定に参加する日本オラクル株式会社、レノボ・ジャパン株式会社、株式会社VISIT東北、株式会社侍、鳥取県岩美町とともに、東京都内の「みやぎ移住サポートセンター」にて協定締結式を行いました。

本プロジェクトは、丸森町が「第五次丸森町総合計画」に基づいて取り組む「HELP!MARUMORI」プロジェクトの新たな施策として、移住・定住施策(地方創生交付金採択事業)の一環で進める事業で、IoT、AI等の先進技術を活用して、移住希望者や定住者、観光客の行動履歴をビッグデータとして収集・蓄積し、データを分析・パターン化することで、深刻化する人口減少の改善に取り組むものです。

本プロジェクトで構築するシステムは2017年2月に丸森町移住定住サポートセンター「じゅーぴたっ」の移住定住者向けのサービスとして稼動開始を予定しております。

【関連URL
・宮城県丸森町 http://www.town.marumori.miyagi.jp/
・HELP!MARUMORI  http://www.help-marumori.jp/
・株式会社VISIT東北  http://visittohoku.com/
・日本オラクル株式会社  http://www.oracle.com/jp
・レノボ・ジャパン株式会社  http://www.lenovo.com/jp/ja/
・鳥取県岩美町 http://www.iwami.gr.jp/

本プロジェクトの今後にどうぞご期待ください。

本件に関するプレスリリースは下記よりご確認ください。
「丸森町とLASSIC、 高度ICTを利活用した移住定住促進プラットフォーム構築の共同プロジェクトを開始」

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社LASSIC 仙台拠点長 山下 拓郎
Tel:022-353-5035
e-mailmarcom@lassic.co.jp


「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念とするLASSIC(ラシック)は、今後も地域のお困りごとに耳を傾け、その解決に向け全力でご支援してまいります。
地域イノベーション支援サービスの詳細はこちらから。




個別ページです 投稿ページです 通常の投稿ページです