ラシック > お知らせ > メディア掲載 > 鳥取医療センター広報誌にて、AI技術等を活用して医療分野の支援を行う「ロボット病棟プロジェクト」に…

鳥取医療センター広報誌にて、AI技術等を活用して医療分野の支援を行う「ロボット病棟プロジェクト」についての寄稿を掲載いただきました。

2017年09月12日

独立行政法人国立病院機構 鳥取医療センターの広報誌「砂丘」にて、「ロボット病棟プロジェクト」についての弊社の寄稿を掲載いただきました。

「ロボット病棟プロジェクト」とは、LASSICが鳥取医療センターと共同で取り組んでいる、IT技術、IoT技術、ロボット等のAI技術を活用した認知症治療病棟づくりのプロジェクトです。

◯掲載媒体:鳥取医療センター 広報誌「砂丘」
◯タイトル:「シリーズ ロボット病棟 No.2」
◯Web版記事URL: 
http://tottori-iryo.jp/files/magazine_pdf/sakyuu047.pdf
(※掲載終了の際はリンク先ページがなくなります。ご了承ください。)

「ロボット病棟プロジェクト」の詳細については、下記の記事をぜひご覧ください。

鳥取医療センター院長と弊社西尾らしくメディア|事例紹介|「ロボット病棟プロジェクト」スタート!鳥取医療センターとLASSIC、ロボットを活用した認知症治療病棟づくりの共同プロジェクトを開始

関連URL


地元で働きたい!地方に移住してみたい!別の地方を経験してみたい!「ITで地方創生」をやってみたい・・・そんな方は、ぜひ採用ページもご覧ください!

chihousouseisaiyou_banner




個別ページです 投稿ページです 通常の投稿ページです