ラシック > らしくメディア > LASSICコラム > 海外リモートワーク、また始めました【スウェーデン編】-Vol.3

海外リモートワーク、また始めました【スウェーデン編】-Vol.3

LASSIC広報担当による2回めの海外リモートワーク(&2回めの海外暮らし) in スウェーデンのレポートです。

sveriges kronor

100スウェーデンクローナには、往年の名女優グレタ・ガルボが。

 

現金をまったく使っていません。

Hejhej(ヘイヘイ)!

スウェーデンのマルメからお送りする海外リモートワーク通信です。

海外に着いたら、まず換金!
しますよね、普通。

ところが・・・、一応一度換金したのですが、結局ほとんど現金を使っていません。

とにかく、「クレジットカード社会」なのです。

カードが使えないところはほとんどありません。一部の青空市場や蚤の市などでしょうか。
あとは、電車の切符も、レストランのチップも、トイレの数セントのチップも、ぜんぶカード決済可能。

逆に、例えばバス内では乗車券はカードでしか買えませんし、現金が使えないというお店も多いとか!
Wikipediaによると、現金使用率は1割未満らしいです。
カフェで「現金使えますか?」と聞いている人も見かけました。

カードなら、支出の履歴も確認しやすく、何より支払いの時に楽なので、財布を持たずカードだけで身軽に暮らしています。

カード決済を採用すると、お店側に手数料がかかりますが、その手数料を払ってでも、多額の現金を店に置く必要のない安全性や、両替・入出金の手間を省く効率性を重視し、ここまでカード社会になったようです。

さすが、効率を重視するスウェーデンです。

私は銀行口座を持っていないので、シェアハウスに多額の現金を置いておきたくないですし、全部持ち歩くのも怖い。かと言って、換金手数料が高い(数千円かかるという情報も?)ようなので、細かく換金するのも控えたい。
結局、カードだけで生活する日々です。

楽だなぁ!と謳歌していましたが、メルボルンでの記憶が頭にちらつく・・・。

そう、為替レート問題。

今さらながら調べてみると案の定、スウェーデンの通貨、スウェーデンクローナ(SEK)はここ最近ほぼ上昇傾向・・・。
やはり現金で暮らしても良かったなと、少し後悔しています。

為替の行方を確実に読むのは難しいとは思いますが、一定期間のリモートワーク生活を送るならば、ある程度の推移は事前に確認して、現金とカードを賢く選ぶことをオススメいたします!

なお、メルボルンでは、銀行口座が気軽に開設できてとても便利!とレポートしましたが、日本の銀行ではスウェーデンの通貨は扱いづらいこともあって、今回、銀行口座開設はしないことにしたため、銀行口座関連の情報は調べておりません。

それと・・・JCBは使えないと思ったほうが良いです。(ガイドブックでおすすめされていたからわざわざ作ったのに・・・。航空券購入にはいいかもしれませんが。)
路上の駐車料金支払機も、交通機関の券売機も、大手スーパーですら、使えるのはVISAとMASTER(+その他日本にはないカード)のみです。

 

skanetrafiken

スコーネ県の交通機関のWebサイト。使えるのはVISAとMASTERのみと書いてあります。

parking

路上駐車用の支払機。やはり、VISAとMASTERしか使えません。

 

事前に、どんなカードが一般的なのか、このように公共交通機関の情報を調べておくのも良いと思います。

Hej då(ヘイ ドー)!

 

Hejhej(ヘイヘイ)!=Hi!子供大人男女問わずに使う挨拶の言葉。同じくよく使われる「Hej.」よりフレンドリー。
Hejdå(ヘイドー)!=バイバイ!

 

(広報担当:櫻井真由子)

 

SEK_coin

スウェーデンでは、昨年から順次、新貨幣への切り替えが。下の2つは、2017年6月で使えなくなった硬貨。


【こちらの記事もおすすめ】

【LASSICコラム】岡山へのUターン転職で心が晴れた

地元で働きたい!地方に移住してみたい!別の地方を経験してみたい!「ITで地方創生」をやってみたい・・・そんな方は、ぜひ採用ページもご覧ください!

chihousouseisaiyou_banner

【バックナンバー】




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです