ラシック > らしくメディア > LASSICコラム > 海外リモートワーク、やってます-Vol.7

海外リモートワーク、やってます-Vol.7

LASSIC広報担当による海外でリモートワーク(&初の外国暮らし) in オーストラリアのレポートです。

マイキーカード

メルボルンの交通事情/Uberがすでに日常化

今日はメルボルンの交通事情のお話です。

シティ(中心街)と周辺の地域を結ぶ交通は、トラム(路面電車)、電車、バスがたくさん走っており、シティ内にはトラムの無料区域があったり、本数は少ないですが深夜も走っているなど、とても便利なメルボルンです。

SuicaやICOCAのようなチャージ式ICカードは「Myki(マイキー)」という名前(上の写真)。

なんと、一定金額までは残高不足でも乗れる(カード残高がマイナスになる)のです! すごいですね~。
さらには、トラムは入り口付近の機械にカードをタッチして乗る仕組みで、タッチしているかしていないかのチェックがないため、「トラムにお金を払って乗ったことない」なんていう人もかなりいるみたいです。ユルい!というか、運営は大丈夫なのでしょうか??笑

多少慣れて来たとは言え、乗り換え場所やルート番号、地名などがよく分からないので、ナマケモノとしてはすぐUberに乗りたくなってしまいます。

Uberアプリ画面そう、こちらではUber(関連URL参照)がすでに一般的(Uber Eatも)。
アプリでクレジットカードを登録しておけば、ピッピッピッで数分で車が到着。目的地まで送り届けてくれます。10数分の乗車で9ドルくらい。日本のタクシーより少し安い感覚です。


オーストラリアでも、タクシー業界との対立や許認可の問題はまだ解消されていないようですが、さて、日本でのUberの普及はどうなるのでしょうか!?

ちなみに、東京同様、シティでは駐車場探しに一苦労。
15/30分/1時間/2時間などの無料駐車スペースがあり、奪い合いです。
有料駐車場はと言えば、1時間45ドルなんていうところもありました!

She’ll be apples!(きっとうまく行くよ!)

※ドル=オーストラリアドル

(広報担当:櫻井真由子)

関連URL


地元で働きたい!地方に移住してみたい!別の地方を経験してみたい!「ITで地方創生」をやってみたい・・・そんな方は、ぜひ採用ページもご覧ください!

chihousouseisaiyou_banner

【バックナンバー】




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです