ラシック > らしくメディア > はたらく仲間の声 > LASSICでどんなオシゴトしてますか?

LASSICでどんなオシゴトしてますか?

Vol.6 プロジェクトマネージャー

 

LASSICに入ったら、どんな風に働くんだろう?LASSICの人ってどんな仕事をしてるんだろう?
そんな疑問にお答えする、「LASSICでどんなオシゴトしてますか?」シリーズ!
いろいろな職種の人にインタビューして行きますよ~。

第6回は、「プロジェクトマネージャー」です。

プロジェクトマネージャー

八島 正憲(やしま まさのり)
[鳥取本社勤務]

八島正憲

●どんなお仕事をしているんですか?

新しいプロジェクトの立ち上げ、QCD(クオリティ、コスト、デリバリー)の管理、プロジェクトで発生する様々な問題をQCDのバランスを取る視点で解決する役割です。また、お客さまに対する提案活動や、折衝なども行います。
私は東京のお客さまのリモート(遠隔)開発案件が多いので、お客さまとの打ち合わせはほぼテレビ会議で行っています。
同時に担当する案件数は、平均35案件ですね。

 

●リモート(遠隔)開発って大変そうなイメージですが・・・。

リモートならではの留意点はありますが、そこを押さえれば、リモートでない案件と変わりありません。LASSICは長くリモート開発を行っていて、社内でナレッジを共有・蓄積していますし。
確認を徹底したり、打ち合わせのアジェンダを緻密に設定したり等、認識の齟齬(そご)が起こらないように気を配ることが一番大事だと思っていますが、これはリモートでなくても同じですよね。
ただ、メンバーが別拠点にいる場合、開発には支障ないのですが、落ち込んでいる、悩んでいる、といった部分をキャッチしづらいので、歯がゆさを感じることはあります。ですので、何かおかしい、というちょっとした違和感を感じられるように意識していますし、違和感を感じたらすぐにフォローします。そのメンバーと同じ拠点の周囲の人に、こまめに状況を聞いたりもしています。

 

●どんなプロジェクトを担当していますか?

長く担当しているものでは、ビデオ会議システムのプロジェクトがあります。iOSアプリやアプリに組み込むライブラリを開発したりしています。
他、画像・動画をスマホで加工するためのアプリケーション開発などもあります。
開発プロセスは、状況変化に合わせて機動的に開発できる「アジャイル型」が大半です。
テストフェーズは、自動テストのプログラムを開発して行っています。

●どんなスキル・力が大切でしょうか?

問題解決能力です。問題の解決とは、「問題の特定」「リカバリアクションの企画・実行」「再発を防止」の3本柱で成り立っていると思っています。
また、幅広い知識や経験から来る、全体を見渡せる広い視野、そしてバランス感覚も大事だと思います。

●どんなところにやりがいを感じますか?

お客さまがやりたいことを形にしていけることですね。お客さまのご要望をどう実現できるかを考えて、そして実際に形にできるというのは、技術者冥利に尽きます。

●LASSICならではの強みや魅力、面白さなどはどんなところにありますか?

自分らしい働き方で働ける環境作りを目指している会社、というところでしょうか。また、FA(フリーエージェント)制度があるなど、やりたいことを声に出しやすい環境だと思います。
私も、“一人ひとりの強みを生かし、やりたいことを思い切りできる環境・現場作り”を念頭に置いてマネジメントしています。それは“自己中心がまかり通る”という意味ではなくて、開発者が“自分らしく”を実現できていないのにお客さまの“らしく”は実現できないし、逆に、“自分らしく”とは、“自分の持てるパフォーマンスを最大限発揮する”ことで、お客さまに対して、チームとして組織として価値を最大限発揮できてこそ実現できる、というのが持論です。

●こんな人が仲間だったら嬉しい!という希望はありますか?

技術が好きな人。また、何か強みがあり、それを自分で理解していて、「そこは自分に任せてください!」と言ってくれるような人には、エンジニアとして魅力を感じます。

●典型的な1日のスケジュールを教えてください。

9:009:15 朝会
9:1511:00 お客様との定例MTGの準備
11:0012:00 お客様との定例MTG(テレビ会議)
12:0013:00 お昼休み
13:0015:00 設計・コードレビュー
15:0016:00 メンバーとの1on1ミーティング
16:0018:00 プロジェクトの進捗・タスク管理

(2016年9月現在)


【こちらの記事もオススメ】
ソニックガーデン倉貫社長と若山らしくメディア|らしく研究レポート|ソニックガーデン倉貫社長と考える「リモートワークで会社は、社員はどう変わる?」


「IT×地方創生」のLASSIC(ラシック)は、今後もIターン・Jターン・Uターン採用を積極的に行い、愛する土地で自分らしく働ける社会の創出を目指してまいります。

地元で働きたい!地方に移住してみたい!別の地方を経験してみたい!「ITで地方創生」をやってみたい・・・そんな方は、ぜひ採用ページもご覧ください!

chihousouseisaiyou_banner


【バックナンバー】




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです