ラシック > らしくメディア > はたらく仲間の声 > 未経験でSEに。ただ今、仙台でチームリーダーとして活躍中!その成長の軌跡とは!?
未経験でSEに。ただ今、仙台でチームリーダーとして活躍中!その成長の軌跡とは!?

未経験でSEに。ただ今、仙台でチームリーダーとして活躍中!その成長の軌跡とは!?

【我が社の社員自慢!】Vol.2 安部 好史(30歳・仙台勤務)

  

Q1:入社年と今の仕事内容を教えてください。

20136月に鳥取本社に入社しました。

1年ほど前に仙台に異動して、Webアプリケーションの新技術であるWebRTCを利用したテレビ会議システムの開発プロジェクトで、チームリーダーやプロジェクトマネジメントをやらせてもらっています。主な仕事は、お客様との折衝やプロジェクト管理です。

 

Q2:エンジニアの仕事は未経験でLASSICに入社しましたね。

もともとパソコンやラジオ、携帯などのガジェット系がすごく好きで、自分でいじって動かしてみるのも好きでした。それで、大学も情報システム学科に進学して、大学院にも行きました。

ですが、仕事にするイメージがどうしても持てなくて、そういう意味では好きになれなかったんですよね・・・。

それでしばらくはスーパーでバイトしていたのですが、昔から好きだったObjective-Cを使う仕事があるというLASSICの求人が出ていたので、なんとなく応募してみたんです。

そうしたら、未経験でも教えてもらえて経験も積ませてもらえるということだったので、それならできるかなと。

 

Q3:入社してからは、どのように学んで来たのですか?

最初の2ヶ月は座学で基礎を学びました。その後に社内の開発プロジェクトに入らせてもらって、感情解析ソフトを使ったiOSアプリを作りました。プログラミングだけでなく、要件定義やビジネスパートナーさんのディレクションの仕方など、必要なことを丁寧に教えてもらえて、プロジェクトの一通りの流れが理解できましたし、何より、自分の関わったものが表に出るという喜びを知って、昔好きになれなかった気持ちが吹っ飛びました(笑)。その後は、お客様のプロジェクトでプログラマーとして、やはりアプリの開発などに携わりました。1年目は言われたことをやるだけで精一杯でした。

2年目、会社命令でオラクルブロンズという資格を取り、さらに自発的にシルバー資格も取ったのですが、その勉強をしたことで、すべての土台となる“基礎知識”の重要性に目覚めました。考え方がまったく変わりましたね。

業務知識以外の点では、とにかくポジティブになることを教えてもらいました。今目の前にあること、今やっていることがポジティブになるにはどうしたらよいか?これも、今の僕の考え方のベースになっています。

 

Q4:仕事をする上で大事にしていることは何ですか?

どの点においても80%以上のパフォーマンスを出すことです。つまり、偏らないようにするということです。偏ると悪い部分に目が行ってしまい、お客様を不安にさせてしまうと思うんです。お客さまを不安にさせることは絶対に避けたいです。

また、プライドとかしがらみとかそういったことを気にするのではなく、とにかく常に結果だけに向かっている自分でありたいです。

 

Q5LASSICならではの強みや魅力は何だと思いますか?

オレオレ風土が強いところ、ですかね(笑)。上司に遠慮したり、上がこうだから、というところがなくて、みんな自分の意思や思いを発信していくところ、そして、発信し続ければ自分が作りたい空気を作ることができるところです。

また、ある役割に適している、この能力がある、と判断された場合には、すぐその力が発揮できる役割なり地位に配置してくれるところですね。自主的に動いて結果を出せば、その結果をちゃんと見てくれる会社です。

それと、仙台オフィスは、特に自由で成果主義が強い拠点だと思っていて、その点が自分にすごく合っていると思っています。街としても、仙台は鳥取とはまた違った魅力があって気に入っています。転勤がなかったら鳥取以外に住むこともなかったと思いますし、今までとは違う視点で地方を見ることもできました。そういった点も含め、異動になっていいことしかありません!(笑)。

 

Q6LASSICが掲げる「~鳥取発~ITで、地方創生」 について、思うことはありますか?

今携わっているのがテレビ会議システムの開発なので、距離の垣根を超えることができるツールを作っているという点で、仕事そのものが「地方創生」につながっていると思っています。

実際に地方都市で仕事をしていると、地元で働きたいという方々が周りにはたくさんいて、その想いの強さには圧倒されるほどですし、東京にはさらにたくさんの“地元に帰りたい人”がいるんだろうな、と感じます。ですから、地方に仕事を作ることがいかに大事かが分かるのですが、何となく、「地方創生」は国から、仕事も東京から“降りてきている”という感があります。

でも、鳥取なら鳥取、仙台なら仙台にいるからこそ生み出せる仕事が必ずあると思いますし、もっと地方が主導権を持って盛り上げて行きたい。そのために、今のプロジェクトでも主体的にどんどん提案して、仕事を創り出して行きたいと思っています。

 

Q7:今目指している成長目標があれば、教えてください。

“スーパーマネージャー”です(笑)。

もともとマネジメントにはあまり興味はなくて、ただ場面場面で自分のやるべきこと、自分が価値発揮できることが何かを必死で考えて、実行していった結果、意外とマネジメントが向いていたことに気づけたという段階なので、まだ“ひよっ子”なんです。

メンバーが誰一人迷わないように、しっかりマネージャーらしい仕事ができるマネージャーになっていきたいです。

 

Q8:どんな人と一緒に働きたいですか?

能動的だけど、きちんと人に対する配慮ができる人。その上で、ガンガン発信してくれる人ですね!

 

(2017年5月現在)


現在募集中の求人など、採用の詳細はこちらから

chihousouseisaiyou_banner


【バックナンバー】




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです