ラシック > らしくメディア > はたらく仲間の声 > (後編)本気じゃなければ、地方創生なんてできない。
(後編)本気じゃなければ、地方創生なんてできない。

(後編)本気じゃなければ、地方創生なんてできない。

【LASSICアンバサダー】仙台 山下 拓郎

プロフィール

LASSICアンバサダー 仙台(仙台拠点長) 山下 拓郎
1976年   岩手県生まれ。39歳。
盛岡市で生まれ、小4まで宮城県東松島市で育つ。その後、東京都昭島市で22歳まで暮らし、結婚を機に町田市や神奈川県横浜市にも住む。
野球でのオリンピック選手を夢見て社会に出てからは社会人野球クラブチームに所属するも、故障により断念。IT業界にキャリアチェンジし、以降、戦略企画畑を歩む。
東日本大震災を機に、故郷に戻ることを決意。
2015年4LASSICに入社し、仙台拠点長として帰郷。
東北の事業拡大を目指し、ニアショア開発事業、地域イノベーション事業を展開。現在、Webシステム、モバイルアプリケーション開発を中心としたニアショア開発プロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当する傍ら、東北エリアの地方自治体との提携を推し進め、地域イノベーション事業を積極的に推進している。

20154月、LASSICLASSICアンバサダー仙台(仙台拠点長)として入社し、拠点運営とLASSICの経営理念である「ITで、地方創生」の東北先鋒として精力的に活動してきた山下に、仙台での事業活動や地域のご支援についての想いを聞きました。


前編はこちらから
らしくメディア|はたらく仲間の声|本気じゃなければ、地方創生なんてできない。(前編)


-LASSICに入社して、地域支援、地方創生に携わることになったわけですが、携わる前と後で考え方に変化はありましたか?

入社前に目指していたことは、家族と平和な日常を過ごしたい、という平凡なことでした。でもLASSICで地域イノベーション支援事業に携わるようになってから気づいたことは、東北の方々は平凡な日常なんか求めていない、ということでした。

もともと、人口もどんどん減っていくし、お金もない。震災が起きる前から、国の地方交付金なしに税収だけで運営できている自治体なんてすごく少ないんです。

平凡なままでは、廃れて、死んでしまう―。

そういう危機感を強烈に持っていて。震災が起きたことで、それが表面化したんじゃないかと思います。さらに言うと、自分のとこだけ良くしたって大した効果はない、だから、社会を、日本全体を変えて行かなければ、そういう意識の人がすごくたくさんいるんです。地域の交流センターなんかでは、中学生の子どもから高齢者まで、どうしたら良くなるか、自分たちに何ができるか、そういうことをすごく真剣に話し合っています。

そういう姿を見て、世の中を少しでも変えたい、良くしたい、私もそう思うようになりました。

 

-そんな中で、民間企業にできることはあるのでしょうか?

たくさんありますよ!!

自治体さんは、今までは地域を守るために、外の力を借りず、すべて内部でまかなおうとしてきましたよね。だから、外部の情報や知識が全然入って来ていないんです。

一方で、我々民間企業って、研究して開発して世界中から技術・ノウハウを吸収して、その結果、様々な知見やサービスを持っていますよね。

これらはすべて、今まで閉ざされた中でサービスを提供していた自治体さんが、劇的に変われる力になると思います。

ただし、儲けることだけしか考えていなかったら、何もできないし、そもそも誰にも相手にされないでしょうね。

自分たちの持つリソースをどう地域に活かせるか。本気で考えて、本音で伝える必要があります。

もちろん、収益を出せなければビジネスとして成立しないですから、収益を生みたければ、そこは徹底的に考える必要があります。

だからこそ、本気じゃないとできない事業でしょうね。

でも、行政でやれることは限られているので、むしろ今こそ、民間の力が必要な時だと思っています。

 

山下拓郎

 

-「ITで、地方創生」、生半可なことでは実現できないということですね。では、今後の東北での取り組みについて、教えてください。

まずITサービスの事業については、継続して拡大を目指して行きます。LASSICがこれまで取り組んできた優良事例、先行事例を東北にも普及させたいです。

地域イノベーション支援事業については、まずは丸森町での取り組みを成功させること。並行して、他の自治体さんとの協力関係も築いて行きたいです。色々、話はいただいていますので。

東北で働ける拠点をどんどん作って、一緒に切磋琢磨しあう仲間を東北全域に広げたいですね。

 

-今後、LASSICで実現したいことは何でしょうか?

日本全国に作られる拠点それぞれが、地方創生を積極的に活動できている会社にしたいです。仙台は、そのモデルとなるべき拠点だと思ってます。

そして、「50の地域に、1,000人の仲間」を早く実現したいですね。

 

-ところで、LASSICってどんな会社だと思いますか?

LASSICは、拠点は全国でばらばらになっていても、経営陣だけでなく全社員が「ITで地方創生」を目指している、団結力のある会社だなと思います。

まず、コミュニケーションが活発ですね。私はまだ参加できてないですが、飲み会もSkypeでつないでやってたり(笑)。

地方拠点にいて思うのは、同じリモート(遠隔)開発でも、東京のお客さまの案件を地方で開発するのと、地方のお客さまの案件を東京で開発するのとでは、全く違うんですよね。

やはり地方というのは、地元の結びつきが強い。お客さまの近くに、少なくとも直接話せる人間が必要だと思いますね。そのためにも、全国に拠点が必要だと改めて思っています。

ただし、「50の地域に1,000人の仲間を」を受け入れる器は、まだ完成していません。1,000人が活躍できる土台、多拠点でお客様にご満足いただける仕組みを、早急に構築することが目下の課題だと思っています。

 

山下拓郎

 

LASSICに興味がある人に伝えたいことはありますか?

ITエンジニアの道を選んで、東京に出てしまった人へ。窮屈ではありませんか?

LASSICの社員は、東京で働くみなさんと同じ量の仕事をしていますし、トレンド情報も同じタイミングで取れています。でも、全然窮屈ではないです。仕事とプライベートのONOFFもちゃんとできています。

これからの人生を、どう生きるか考えた時に、窮屈な状態で定年を迎え、その後にやりたいことを探すよりも、やりたいことをしながら住みたい場所で仕事をして定年を迎えるほうが、断然いいと思います。

モヤモヤしている方、行動に移せなかった方、お話だけでも聞きに来てほしいです。

 

LASSICアンバサダー(拠点長)に興味がある人にメッセージをお願いします。

アンバサダーは、“超”難しい仕事ですが、愛する地域が我々の事業活動によって元気になっていく姿を直接実感できる、“超超”楽しい仕事です。

ただし、生半可な気持ちでは絶対成し遂げられません。

情熱と愛情と夢を持った方じゃないと正直なところ難しいポジションでしょうね。

愛する地域を自分の力で盛り上げたい!と思っている方と、ぜひご一緒できればと思います。

 

 

-最後に・・・座右の銘があったら教えてください。

座右の銘はありませんが、好きなことわざはあります。

「一念天に通ず」ということわざです。やり遂げるという決意を持っていれば、不可能と思われることでも実現できる。という意味なんです。

私はどの道のプロでもないです。決意と信念だけで生きています。このことわざを自信持って言えるように早くなりたいですね。

 

山下拓郎

 

(記事の内容は、20163月現在のものです。)


【こちらの記事もおすすめ】

浅沼諒

[らしくメディア]シリーズ【東京脱出!】なぜ地方で働くのか?
東京は肌に合わなかった。だから、僕は帰る。

「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念とするLASSIC(ラシック)では、今後もIターン・Jターン・Uターン採用を積極的に行い、愛する土地で自分らしく働ける社会の創出を目指してまいります。

LASSICへの転職・就職にご興味をお持ちの方は、ぜひ採用ページもご覧ください。

pickup_recruit

[仲間募集]地方創生採用、はじまる!『50の地域に、1,000人の仲間を』




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです