ラシック > らしくメディア > らしく研究レポート > 【後編】地方でリモートワークで働くために、都会に攻め込んでいけ!リモートワークジャーニー@釧路レポ…

【後編】地方でリモートワークで働くために、都会に攻め込んでいけ!リモートワークジャーニー@釧路レポート

RWJ釧路イベントの様子

「らしくの実現をサポート」するLASSIC(ラシック)だから、自分たちの「らしく」の可能性も追求したい―。そんな想いから、さまざまな「らしく」を研究し、レポートをお届けしたいと思います。

【リモートワーク編】第三弾の後編は、「リモートワークで『らしく』ワークライフバランス」について。前編に引き続き、2016/7/23()に北海道釧路市で開かれたリモートワークイベント(リモートワークジャーニー@釧路)のレポートとともに、『らしく』ワークライフバランス実現のために、私たち一人ひとりが考えていくべきことを掘り下げていきます。

レポーター:八田 亜由子(はった あゆこ)

株式会社LASSIC IoEソリューショングループ所属。
個人の「自分らしさ」を大切にした生き方と持続的な社会を両立するための手段として、リモートワークに興味を持ち、研究中。倉貫さん主催のリモートワーク普及に向けたコミュニティ「リモートワークジャーニー」にも参画中。

イベントの詳細は、YouTubeで配信されていますので、詳細はそちらをご参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=yPo4R5H-mHg

 

リモートワークという働き方があることを知ろう

「リモートワークという働き方があることを知っていただくことで、例えばお子さんと話すときに働き方の選択肢を提示してあげられるかもしれません。そんな風に、色々な選択肢を皆さんの生活に取り入れていただきたいんです。」

 

リモートワークジャーニー@釧路を主催した株式会社ジョイゾーの四宮琴絵さんは、開催の動機をこのように語ります。

元々釧路出身の四宮さん。愛する地元を何とか元気にしていきたいという強い想いを持っていました。そんな切実な想いを行動に変え、四宮さんは現在、釧路活性化に向けた様々な取り組みを行っています。

 

「自分が東京で得たたくさんの刺激を、釧路の皆にも伝えたい。」

 

そこで四宮さんが提供するのは「知る機会」。

起業ノウハウの勉強会を兼ねた地域の起業を応援するイベント(地域クラウド交流会 https://www.joyzo.co.jp/corp_blog/archives/1045)や、今回のリモートワークイベントなど、東京で受ける刺激を釧路でも感じられるような機会を提供しています。

そしてその先、刺激を受けるだけで終わらずに少しずつでも生活に取り入れていくことを提案しています。

 

四宮さん

 

「皆さん興味を持てば、インターネットを使って自分で調べることができると思います。興味を持ったことを調べていく中で、知見が広がって、生活の変化につながっていくんじゃないでしょうか。」

 

まずは知ること。

そこから変化へとつなげていくこと。

 

リモートワークジャーニー全体の企画メンバーである株式会社ラフノートの中山亜子さんが、リモートワークを広める活動をしていこうと考えた背景も、「知ってもらいたい」という想いでした。

 

中山さん

 

「皆さん、働くことは『出勤しなきゃいけない』という思い込みがあるみたいなんです。でも、『そんなことないよ、こんなやり方もあるんだよ』と見せてあげると、『自分でもできることがあれば是非やりたい!』と動き出すんです。」

 

自身がシングルマザーとして働く中で、子供と一緒に家にいる時間を大切にしたいと「リモートワーク」という手段を選んだ中山さん。そんな経験もあり、ライフステージの変化の中で働きたくても働けない状況に陥ってしまう女性たちに「あきらめないで」と背中を押したいのだそうです。

 

「実際、主婦の女性5人くらいでリモートチームを作って、ちょっとした作業をしてもらっています。皆さんリモートでの仕事は初めてでも、問題なくできていますし、体験することで『自分でもできるんだ!』と自信をもってくれて次の行動につながっているみたいです。」

 

何のためにリモートワークで、地元で働くのだろう

実際に釧路でリモートワークで働く株式会社RHEMS Japanの遠藤五月男(さつお)さんのお話も伺いました。

遠藤さんは東日本大震災をきっかけに「安全に子育てをしたい」という想いで釧路に移住しました。

 

「人が多い、というのはそれだけで非常にリスクが高いことだと気づいたんです。子供を安全に育てるために移住を考えました。」

 

遠藤さん

 

「子育て」の環境を重視したい。それが遠藤さんの「らしく」ライフスタイル。

元々東京でもリモートワークで働いていたということもあり、「らしく」を実現するための移住はごく自然な決断だったようです。

 

「実際に移住してみると、釧路は非常に子育てしやすい街です。

東京では子供のために連れていきたいところがあっても、どの親も同じ想いなので集中してしまうんですね。その結果、まず連れていく移動だけで疲弊してしまう。

一方釧路では渋滞もないですし、駐車場に入れないなんてこともありません。さくっと移動して遊ばせてあげられます。」

 

自分が何を大切にしたいのかを自覚し、しっかり向き合うことで働くことの質も上がっていくように思います。

 

中村さん

 

「都会と地方が交わっていくことで、課題大国と言われる日本の地方のあり方も変わってくるかもしれません。」

 

そう語るのは、リモートワークを活用してなんと三つの会社で働いている中村龍太さん。サイボウズ株式会社、株式会社ダンクソフト、NKアグリ株式会社での「複業」を実践しています。

龍太さんは、そういった柔軟な働き方をしながら地域の課題解決に関わっていくこと、またその姿を地域の子供たちに見せていくことで、地域の子供たちの課題解決力が高くなっていったとおっしゃいます。自分の働き方は社会にも影響を与えていくのだという視点も持ちたいと感じるエピソードです。

 

リモートワークで働くために、自分の強みをアピールしよう

リモートワークを知り、リモートワークで働きたい動機も整理できたなら、最後はリモートワークで働く雇用関係をどう作るか、という問いが残ります。

そこで、リモートワークで働く仲間を採用する倉貫さんに、採用したい人材像を伺いました。

 

「リモートだろうがオフィスだろうが、優秀な人は採用したいし、そうでない人は採用できないというのが基本だと思います。

ですから、スキルや経験を磨くのは、普通の就職と同様に考えていただいて。

その上で選ぶポイントは、僕らは『一緒に働く仲間』というポイントを重視します。」

 

登壇者の皆さん

 

前編で紹介したように、離れていてもあたたかいチームワークを実現しているソニックガーデンの皆さん。彼らが「一緒に働く仲間」として大切にしているポイントは、ごく普通のことでした。

 

「リモートワークだけど、あえて、人と話をするのが好きな人、人と一緒に仕事をするのが好きな人を選びます。一人が好きな人は一見リモートワークに向いていそうで、実は向いていないんです。」

 

リモートワークでは意外に思える『一人が好きな人は向いていない』という言葉には、参加者の皆さんも意外そうにしていらっしゃいました。

でも離れているからこそ、積極的にコミュニケーションをとりに来てくれるような、『一緒に仕事をしたい』仲間であることが重要なのですね。

 

「基本的なITスキルは必要だけど、そればかり磨くよりもこれから求められるものを見抜き、アピールする力が必要です」

 

ICTを活用する働き方、ということで難しいスキルが必要なのではないかと不安に思う参加者の皆さん。けれど田澤さんは「それよりも大事なものがある」と仰います。

 

「例えばテレワークのコンサルという仕事は勉強すれば誰でもできるんです。でも、一生懸命勉強して、それをアピールできる人はなかなかいません。だから求められるんです。

今時代がどういうニーズを持っているかを見極めて、それを一生懸命勉強して、『自分は遠くにいるけどこれができます』とアピールしていくこと。最初は会わなきゃダメですね、メールじゃ絶対ダメ。そういうアピール力が、地方でリモートワークで働くために必要なことだと思います。」

 

リモートワークでもオフィスワークでも、これからの時代に必要なのは「自分ができること」をアピールしていくこと。

地方で働くのであれば、なおのこと、アピールしたい人(例えば東京の企業)に届くように発信していく必要があるのだと気づきました。

 

釧路のリモートワーカーとして、遠藤さんも激励の言葉を飛ばされました。

 

「リモートワークができる会社は、実は東京には結構あります。釧路の人はもしかしたら引っ込み思案なのかもしれないですが、リモートワークで働きたいという強い想いがあるなら、そこに向けて攻めていく、自分を売るという考え方が必要だと思います。」

 

自分が本当に望むこと、大切にしたいことを理解し、そのための武器=強みを磨き、攻め込んでいく。

今、「らしく」ワークスタイルの実現に向けて追い風が吹き始めています。けれどその風に乗るためには、一人ひとりの覚悟が必要です。今回お話を伺って、そのことを改めて考えさせられました。

 

イベントの最後には、参加者の皆さん一人ひとりが「『釧路から働く』を広げる」というテーマで願いや決意を短冊に書いてもらいました。

「自分らしく働きたい―!」皆の想いを乗せ、風に乗って揺れる短冊は、釧路にもきっと『らしく』な未来を運んでくれることでしょう。

参加者で書いた短冊

 


【こちらの記事もおすすめ】

原田文恵

[らしくメディア]はたらく仲間の声|常に変わり続け、絶対に止まることはない。それが、LASSICの強さ。


「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念とするLASSIC(ラシック)では、今後もIターン・Jターン・Uターン採用を積極的に行い、愛する土地で自分らしく働ける社会の創出を目指してまいります。

LASSICへの転職・就職にご興味をお持ちの方は、ぜひ採用ページもご覧ください。

pickup_recruit

[仲間募集]地方創生採用、はじまる!『50の地域に、1,000人の仲間を』




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです