ラシック > らしくメディア > らしく研究レポート > 【後編】ソニックガーデン倉貫社長と考える「リモートはコミュニケーションが難しい?」

【後編】ソニックガーデン倉貫社長と考える「リモートはコミュニケーションが難しい?」

ソニックガーデン倉貫社長と若山

「らしくの実現をサポート」するLASSIC(ラシック)だから、自分たちの「らしく」の可能性も追求したい―。そんな想いから、さまざまな「らしく」を研究し、レポートをお届けしたいと思います。

第一弾のテーマは、今もっとも注目されている「“らしく”ワークスタイル」のひとつ、「リモートワーク」

前編に引き続き、株式会社ソニックガーデンの倉貫さんとLASSIC若山の社長対談を通して、「“らしく”ワークスタイル」の可能性を探って行きます。


前編はこちらから
【前編】ソニックガーデン倉貫社長と考える「リモートワークで会社は、社員はどう変わる?」


プロフィール

倉貫 義人(くらぬき よしひと) 株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長

TIS株式会社にてプログラマやマネージャとして経験を積んだのち、2009年に同社の第1号社内ベンチャーカンパニーとして「SonicGarden」を立ち上げる。「納品のない受託開発」という新しいビジネスモデルを展開し注目を集める。著書に『「納品」をなくせばうまくいく』『リモートチームでうまくいく』など。「心はプログラマ、仕事は経営者」がモットー。

ブログ:ソニックガーデン代表 倉貫義人のブログ

若山 幸司(わかやま こうじ) 株式会社LASSIC 代表取締役社長

株式会社インテリジェンスにてIT派遣事業、人材紹介事業責任者を歴任したのち、2009年に株式会社LASSIC(ラシック)代表取締役社長に就任。「地域とともに歩むビジネス」に人生を賭けて挑む。

聞き手:八田 亜由子(はった あゆこ)

株式会社LASSIC IoEソリューショングループ所属。
個人の「自分らしさ」を大切にした生き方と持続的な社会を両立するための手段として、リモートワークに興味を持ち、研究中。倉貫さん主催のリモートワーク普及に向けたコミュニティ「リモートワークジャーニー」にも参画中。

らしくワークスタイルの背景にある、それぞれの会社の目指すもの

 

-このような試みを生み出している考え方について、もう少し掘り下げて伺いたいと思います。

 

若山 多くの会社はは1フロアにどれだけ人を集約できるかという考え方で、集まることを前提とした組織運営/組織戦略を練ってきました。そこから考えると戦い方が変わってきたのを感じますね。そこに早く取り組んでいるかどうかの差を感じます。

倉貫 そもそも大きな会社とは目指している方向性が違うので、そこから色々な違いが生まれているんだと思います。

高度経済成長期の経営では会社を大きくすることが目標になるかもしれないですが、僕等は会社を大きくする気がない。そもそもKPIが違うんです。

まずは社員とお客様の幸せが一番で、それが達成できるなら人数とかにはこだわらない。逆に大きくなってもいい。重要視していないんです。

若山 「最高のパフォーマンスを出す」ということにこだわっていらっしゃるのですね。お客様にも良いサービスを提供し、社員も満足させるということを追求して、そのために必要なことを自然体でやっている感じがします。

倉貫 そう、それ以外のことはしないんです。

若山 すごく一貫してますね。

倉貫 なので、もしテクノロジーが進んで「どこでもドア」ができたら、リモートワークじゃなくて集まるようになる気がします。離れていることが好きなわけではないので(笑)。

 

ソニックガーデン倉貫さん

 

-一方で、LASSICは“50拠点1000人”というビジョンを掲げています。規模・範囲を追求している背景はどんな思いがあるのでしょうか。

 

若山 なぜ地方のビジネスをやっているかと言うと、前職で人材ビジネスに携わっていて、日常的に、「キャリアップ」、「年収アップ」、「出世」というようなキーワードに囲まれた世界ににいたんです。

でも社会環境を見れば、高度経済成長は終わっていて、「いつかは偉くなれる」なんて世界も終わっているわけです。そう考えるともっと多様な価値観が認められるような社会になっていく必要があるなと。経済合理性だけを追求していると社会が疲弊してしまうぞ、と危機感を感じていたわけです。

倉貫 そうですね。

若山 また、地元に戻りたい、戻らなければいけないITエンジニアが、地方ではエンジニアの仕事がなくて、泣く泣くスキルの生かせない職種に転職しているのをよく見ていたので、業界から人材が流出することを非常にもったいないなと思っていました。

それで、東京以外のところでも働ける社会を実現したいと思うようになったんです。その分かりやすい目標が「50の地域」なんです。「東京じゃなくてもやれるよね」という世界観を現したビジョンです。

倉貫 なるほど、いいですね。

若山 倉貫さんがリモートワークを手段とおっしゃられていたのと同じく、多様な価値観が認められる社会を作りたいという想いの手段として「50の拠点」を目指しています。

 

ラシック代表 若山幸司

 

「リモート」を言い訳にしない、ごまかさないマネジメント

 

-では、次はより具体的に、「リモートチームのマネジメント」について経営者視点でのご意見を伺ってみたいと思います。

 

若山 倉貫さんに伺いたかったのですが、会議を行う上で、リモート会議と直接集まる会議とに違いは感じますか?

私はいつもリモートの会議に不便を感じたことがないんですよ。

しかし開発現場からはリモートプロジェクトはコミュニケーションが難しい等々上がってくるので、会議の種類の差なのか?と疑問に思ってたんです。

倉貫 いや、変わらないと思いますよ。

若山 そうですよね。近くても遠い人は遠いし、遠くても近い人は近いから、重要なのは「こういうことをうやりたい」ということが共有されて、そのための道筋が共有されることで、それができれば難しいことは何もないんじゃないかと思っています。本質をクリアすれば同じ場にいようとリモートだろうと関係ないですよね。

倉貫 そう、全然関係ないですよ。

 

-リモートでビジョンとかゴールを伝えることが難しい、という意見もあるようですが。

 

倉貫 「リモートで伝えられない」というのは、ビジョンとかゴールを伝える能力がそもそもないんだと思いますよ。多分近くにいても伝えられていないんです。

「リモートだから」を言い訳にしているだけで、あなたの力量のせいでしょ、と。

 

-ちなみに、倉貫さんがビジョンを示すための工夫などされているのでしょうか。

 

倉貫 毎朝朝礼の代わりに「社長ラジオ」という形で、音声を5分間社員のスマホに配信しています。それでなんとなく考えていることや社内のことを知ってもらっています。

若山 今風の朝礼ですね。非常に合理的。

倉貫 これだと社員が増えてもスケールするんですよ。実際の朝礼だと集まる部屋とか、皆の時間を調整するとか面倒くさいんですけど、音声配信だと皆好きなタイミングで聞けるので。

若山 なるほど。離れていても色々なやりようがあるんですね。

倉貫 ただ、テクニックの前に、そもそもマネジメントを勉強しないと。リモートだとかオンサイトだとかは表面なので。マネジメントができない人は何をやったってマネジメントできないんですよ。

 

ソニックガーデン倉貫さん

 

-マネジメントを勉強する、という点で言うと、「リモートで育成ができるのか?」という点もよく疑問視されていますが、いかがでしょうか。

 

倉貫 育成もリモートでやってますよ。

「弟子」たちはまだ会社に来ないとサボっちゃうかも知れないので出社させますが、師匠はリモートです。画面越しでダメ出しを受けてます。その場で教えないといけないということはないと思う。

若山 よく近くにいないといけないという声も聞きますが、本質的な教育スキルを持っているかどうかが重要ですよね。コアスキルがあれば、それを使う相手が隣にいるか画面越しかは関係がない。

倉貫 近くにいないと…というのは、思考停止だと思いますよ。

若山 近くにいるからコミュニケーションがうまく行くというのは、「伝わっているつもり」に過ぎないんじゃないかなと。

倉貫 むしろリモートの方がちゃんとするんじゃないですかね。

若山 そうですね。そういう意味だと、僕はリモートの方がごまかせなくていいと思う時があります。

リアクションとかのテクニックを使うとその場の雰囲気でごまかせちゃうこともあるじゃないですか。

一方でリモートだと、その人の本質的なコミュニケーションスキルがそのまま出る気がします。

 

-本質的にマネジメントができればリモートもオンサイトも変わらない、ということですが、大規模なリモートプロジェクトも可能なのでしょうか。

 

倉貫 本質的なことを言うと、そもそも大規模プロジェクトは成功しないんですよ。リモートかどうかは関係なく。

なんとか目標を達成したプロジェクトでも、個人レベルで見ればメンタルをやられてしまうようなことが発生していて、成功か失敗かも、企業視点か個人視点かで判断が変わります。

若山 どの軸で評価するかですね。

倉貫 僕から見るとそういう不幸なことが起きているプロジェクトは失敗です。だから大規模プロジェクトは人間のやるものじゃないなと思っているので、やんなきゃいいじゃんと思っています。

人数が少なくても大規模なものを作れるようにすることがテクノロジーでやるべきことだと思っているので、なぜ「人をたくさん入れてプロジェクトをやらないといけない」という発想に行っちゃうのかが、まだまだ皆過去の価値観に縛られているなと感じますね。

 

場所にとらわれず本質が求められる社会

 

-リモートワークによって地方での採用が可能になるという利点があると思いますが、地方の人材の質についてどのように評価されていますか?

 

倉貫 うちはもともと地方に住んでいる方からの応募が多いですが、東京からの応募される方と質の差を感じたことはないですね。

エンジニアの世界で言うと、インターネットのおかげでスキルが日本中で平準化されてきています。

若山 情報格差がなくなってきていますものね。

倉貫 昔は東京にいないとベンダーと話をすることができなくて、情報を得ることができなかったのですが、今はオープンソースがあってインターネットがあって、地方のエンジニアでも勉強したい気持ちさえあれば学べる環境が整っています。トップクラスのスキルを持っている人の中で言うと場所による格差はないですね。

 

ラシック代表 若山幸司

 

-東京と地方でビジネス感覚の差、といったところはないでしょうか。

 

若山 地方と東京という枠組みで見ること自体が雑な物言いだと思っていて、結局その経験をしているか否かに過ぎないと僕は思っています。

倉貫 地方、ということにそんなにコンプレックスを感じなくていいんじゃないかと思いますね。できるヤツはできるし、できないヤツはどこにいてもできない、それだけです。

 

-それでは、最後にこの記事を読んでくださった方へのメッセージをお願いいたします。

 

若山 お客様に喜んでもらえることなど本質を追求していけば、リモートワークなども就業スタイルの一つとして、いたって普通になると思います。今はまだまだそれが出始めなので、焦点が当たっていますが、重要なのはその前提の本質的なところなので、そこを見失わないようにことが肝心なんじゃないでしょうか。

倉貫 「地方」と「東京」という発想自体、そもそも自分たちから格差を持ってきている。

仕事の質を変えて価値を出さなければ生き残れない時代になってきているので、それができなければどこにいても淘汰されます。なので、仕事の質を変える、ということを意識して取り組むといいんじゃないかと思います。


「リモートだから」「地方だから」といった表面の条件ではなく、そもそもの「仕事の本質」を磨いていくことの重要性に気づかされる時間でした。

多様な価値観が共存する世界観で、一人前の仕事をしていきたいと思います。

倉貫さん、ありがとうございました!


ソニックガーデン倉貫さんとラシック若山幸司

 

倉貫さんの著書のご購入はこちらから
>「リモートチームでうまくいく マネジメントの〝常識〟を変える新しいワークスタイル」

 

(記事の内容は、20166月現在のものです。)

(撮影:岡安啓人


【こちらの記事もおすすめ】

robotprojectimage

[らしくメディア]事例紹介|「ロボット病棟プロジェクト」スタート!


yamashita_panel_1

[らしくメディア]はたらく仲間の声|(前編)本気じゃなければ、地方創生なんてできない。


「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念とするLASSIC(ラシック)では、今後もIターン・Jターン・Uターン採用を積極的に行い、愛する土地で自分らしく働ける社会の創出を目指してまいります。

LASSICへの転職・就職にご興味をお持ちの方は、ぜひ採用ページもご覧ください。

pickup_recruit

[仲間募集]地方創生採用、はじまる!『50の地域に、1,000人の仲間を』


【バックナンバー】




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです