「~東京発~ITで、地方創生」

国が推進する「地方創生」。
自治体の取り組みや、地元の産業・観光の新規開発や再生などにスポットライトが当てられ、地方にいないと地方創生はできないように見えますが…。
私たちが考える地方創生には、「自治体や地元産業が取り組む地方創生」、「人の移住による地方創生」だけでなはく、さまざまな形があります。

その1つが、経営理念である「~鳥取発~ITで、地方創生」の「鳥取」を「東京」に置き換えた「~東京発~ITで、地方創生」です。

東京で働くLASSICの仲間は、東京から「地方創生」に取り組んでいるのです。

東京に集中した仕事を地方へ移す

東京に集中した仕事を地方へ移す

では一体、東京でどんなことをしているのか?
それは、東京から地方への「仕事の橋渡し」です。

地方からの人材流出の大きな原因は、「地方に魅力的な仕事がないから」。あなたも、魅力的な仕事を求めて東京に来たひとりなのではないでしょうか?

私たちは、東京を始めとする大都市圏に集中している「ITの仕事」を「地方へ移管」することで、地方に魅力的な仕事を増やしているのです。

ニアショアによって企業のエンジニア不足を解消

ニアショアによって企業のエンジニア不足を解消

近年、企業においては、エンジニア不足が深刻さを増しています。
景気回復で仕事は増えているのに、人口は減り、買い手市場で人材の流動化も激しくなるばかり。人が足りない、採用もできない、という状況がニアショアサービスの需要を高めています。

また、「ニーズに合わせて流動的にプロフェッショナルを活用できる」「ファシリティコストや管理コストが削減できる」といった、従来のアウトソーシングのメリットに加え、派遣法の改正や国によるテレワークの推進、近い将来の介護離職への備えなども受け、外部リソースを活用する動きはますます強まっています。

つまり、私たちが「地方へ移管」できる仕事が、ますます増えて来ているのです。

あなたが地方創生の立役者

東京にいながらにして、地元や地方に貢献できる仕事。
LASSICなら、そんな「やりがい」のある仕事をすることができます。

「社会貢献」に取り組むLASSICというフィールドを活かし、あなた自身の夢や志を実現すべく、力を発揮できる方を募集しています。

LASSICの仕事「3つの未来」

  • 先端技術に携わり
    新しい技術の
    将来性に賭ける

  • 地元(地方)へ
    移住し、新たな
    シリコンバレーを築く

  • 東京で働きつつ
    地方の活性化に
    貢献する

「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念に、「IT」をはじめとする先端技術で、地方創生の牽引役を目指している会社、それが私たち「LASSIC」です。

地方の人口が減っていく大きな原因は、「将来性」や「やりがい」のある仕事が地方には少ないから。
LASSICは、場所に依存せず、未来の明るい「仕事」を大都市圏から地方へ移管すること、そして新たに創り出すことにより、「地方に雇用を生み出すミッション」に本気で取り組んでいます。

そのミッションを果たすための「仕事」は、大きく分けて3つ。

あなたの未来につながる「仕事」はありませんか?

LASSICの中途採用について

募集職種や、福利厚生、オフィス環境などLASSICの中途採用について詳しくご紹介します。

LASSICについてもっと詳しく

私たちにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。コーポレイトサイトもぜひご覧ください。

WELCOME

どんな未来が見えましたか?
「~鳥取発~ITで、地方創生」という経営理念のもと、
あなたの高いスキルと豊かな経験を活かし、
やりがいある未来へ向けて、
LASSICと共に歩んでいきませんか?