PAGE UP

LASSICの前向きさが、チャンスと喜びをくれた。

プロジェクトリーダー

本田 太一

LASSICの前向きさが、チャンスと喜びをくれた。

プロジェクトリーダー

本田 太一

LASSICに入社してマインドが大きく変わったという本田。2017年からプロジェクトリーダーとなり、ますます意欲に燃えている。仕事への情熱は誰にも負けないと自負する、その想いの源を聞いた。

どんな仕事をしていますか?
クラウドベースのAR(Augmented Reality:拡張現実)アプリの管理ツール開発プロジェクトで、設計、実装、テスト、リリースまでの一連の業務を担当しているのと、複合機向けのソフトウェア開発でプロジェクトリーダーとしてプロジェクト管理とお客様とのコミュニケーションを担当しています。
なぜLASSICを選んだのですか?
モチベーション高く、前向きに働いて行けそうな会社だと思ったからです。
とは言っても、レベルが高そうでやっていける自信がなくて、最初は応募をためらっていたんです。ですが、当時の採用担当者が「やる気さえあれば絶対やって行けるし、技術もついてくるから大丈夫!」と言ってくれて。
不安はありましたが、入ってみたら実際その通りでしたし、「やる気」があると周囲の人たちもサポートしてくれることも学びました。
チャレンジして良かったと思います。
LASSICのどういうところが気に入っていますか?
何より、前向きな文化です。
すべてをポジティブに変えて行こうとする姿勢、それを社会人の土台として教えてもらったことで、僕自身、大きく変わりました。
学生時代は、嫌なことや問題があると落ち込んだりしていましたが、今は何でも前向きに捉えることができます。問題を具体的にして、それぞれに対してどう解決するかを考え、そして行動すれば、少しずつでも良い方向に向かって行くので、今はそれを常に実践しています。
また、年齢やポジションに関わらず、フラットに意見を尊重してもらえ、適性と能力があれば仕事を任せてもらえる文化も好きです。
一番楽しい時、嬉しい時はどんな時ですか?
エンジニアとしては、自分で設計・実装したものが世に出る時です。達成感があります。
また、チームのみんなで課題を解決して、「一人」ではなく「チーム」として達成感を共有できること。
問題解決が得意ですし、好きなので、それを論理的に考えていくことも楽しいです。
もともとはプログラムを書くことが一番楽しかったですが、経験が増えるつれ、楽しいと思うことも増えますね。
仕事に対する情熱の源は何ですか?
やはり一番は、「お客様に喜んでいただきたい、ご満足いただきたい」という気持ちです。
同時に、そのためにやるべきこと一つひとつのやりがいも全部、情熱につながっていると感じています。
鳥取をはじめ地方拠点に仕事を移管することが各地域への貢献になるということ、お客様へのご提案やコミュニケーション、メンバーのマネジメント。それらに全力で取り組む中で、嬉しかったり、気づきがあったり、失敗したり・・・そういった全部がやりがいですし、そのまま次の情熱につながっています。
いま目指していることは?
職務上はプロジェクトマネージャーになること。いずれは、「本田じゃないとダメだ」と言われるくらい独自の価値を発揮できる存在になりたいです。
そのために今は、提案すること、発信することを常に意識しています。
せっかくにLASSICには拠点がたくさんあるので、他の地域にも行ってみたいですね。

(インタビューの内容は、2017年12月時点のものです。)

PROFILE

本田 太一(ほんだ たいち)

2013年新卒入社。システムインテグレーション部所属。
「やることを全部書き出して気合いを入れる!」のが毎朝の儀式。バドミントンのクラブチームに所属しているほか、ゲーム「スプラトゥーン2」は公式大会に出場するほど、本格的にハマっている。得意技は、バドミントンではドロップ(ネット前に球を落とす技)、「スプラトゥーン2」では偏差撃ち(動いている相手を当てること)。

就活生へのメッセージ

自信がなくてもチャレンジしよう。やる気があれば、きっと周囲が助けてくれる!