PAGE UP

お客様と楽しく仕事がしたい。結果は後からついてくる。

「仕事の移管」コンサルタント・SE

正子 卓己

お客様と楽しく仕事がしたい。結果は後からついてくる。

「仕事の移管」コンサルタント・SE

正子 卓己

2014年、LASSICに入社。地元・岡山への拠点開設を皮切りに、現在プロジェクトマネージャーとして携わるプロジェクトは、社長賞そして2年連続で最優秀賞を受賞、「仕事の移管」戦略のモデルプロジェクトとなっている。
大都市圏に集中する仕事を地方に移転する「仕事の移管」の現場で、チームを強力にリードする正子の、サバサバした言葉に隠された情熱を探った。

どんな仕事をしていますか?
プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーとして複数のプロジェクトを担当していて、現場でのお客様との折衝、要件定義、設計側と開発側とのブリッジ、プロジェクト管理、システム設計などの上流工程、必要な場合は開発実務も担当しながら、業務の整理をし、地方拠点に移管できる形にして行くのが仕事です。
より長くお付き合いいただけるように、また、より多くの仕事を発注いただけるように、営業・提案活動も行います。
2年前から公共インフラ提供会社様の案件を担当していて、現在は大阪のお客様先に常駐して、タブレット向けシステムの新規構築プロジェクトを進行しています。要件定義、基本設計、詳細設計、開発、結合・総合試験計画と実施、システムリリースまでを一気通貫で行います。私を含め数名が大阪で常駐していて、詳細設計と開発工程は、複数拠点をまたいだチーム編成で行っています。
このプロジェクトでは、昨年、鳥取、米子、岡山へ仕事を移管することができましたが、これからも移管できる仕事を増やすべく、取り組んでいます。
「仕事の移管」のために、具体的にはどのようなことをするのですか?
「仕事の移管」とはつまり、東京や大阪など都市圏のお客様の開発業務をLASSICの地方拠点で遠隔で行うことですが、いきなり移管できる業務はほとんどありません。
まずは、お客様の事業と業務をしっかり理解し、何をどうやったら移管が可能になるのか、移管できる仕事が増やせるのかを確認、検討し、その状態に向かって調整していきます。
具体的な検討事項や移管方法はお客様ごとに本当にさまざまなのですが、例えば現在のプロジェクトでは、要件定義はお客様と対面で実施し、基本設計から開発までは地方拠点で実施、試験フェーズからは再びお客様先で実施する、というように工程単位で切り分けて実施場所を決定しています。こういったケースでは、まずはお客様先に常駐して上流工程を実行しながら、続く工程を移管するための検討・調整を進めていきます。
どんな仕事でも当たり前のことではありますが、一番大事なのは、お客様に信頼・納得していただくことです。お客様から直接顔が見えない遠隔の開発でも、「LASSICなら安心して任せられる」と思っていただけないと、仕事の移管はできません。単に地方拠点に仕事を移管するというだけでなく、複数の拠点をまたいだチーム編成をご提案するケースはよくありますから、より高いレベルで信頼いただくことが必要だと思っています。
仕事におけるモチベーションは何ですか?
お客様と一緒に、仲間と一緒に、楽しく仕事をして、お客様に喜んでもらいたい、ということです。そのためにどうするか?をいつも考えて行動しています。
私は自分を、お客様の会社の一員だと思っています。常にお客様にとっての最適な答えを探して提案しますし、その最適な答えのために、地方に移管しない方が良い業務はそのように提案しますし、例えばお客様側に課題があれば、それも正直に伝えます。
いつでも本気でぶつかって、本気で“あるべき状態”を目指しています。そうでなければ、お客様と良い信頼関係なんて築けませんから。
仕事をしていて一番やりがいを感じる時はどんな時ですか?
同じものを目指す中で誰かとぶつかることはよくありますが、そういう時に、しっかり議論した結果、お互いの気持ちが一歩先に進んだ時ですね。相手が自分の言うことに納得した時、逆に、自分が相手の言うことに納得した時、そういう瞬間が好きです。
「良いものを作ろう」「良いものをお客様に提供していこう」という共通した目標のもと、一緒にさまざまな課題を解決しながら進めていくのが楽しいです。
今、目指していることは?
大阪の拡大です。
今担当しているプロジェクトの中から移管できる仕事を増やしたいというのもありますし、新規のお客様も増やしたいです。もちろん、社員も増やしたいですし。
大阪からもLASSICを盛り上げて行きたいですね。
LASSICで仕事をする面白さはどんなところにありますか?
他の会社だったら絶対会うはずのなかった地域の人たちと一緒に仕事ができるのは、面白いですね。ひとつのプロジェクトで、複数の拠点をまたいで開発することなんて、他の会社だと普通ないですから。
また、Slackなどで社内のメンバーからアドバイスをもらったりすることがよくありますが、そういうことを通じて、仕事では直接関わりのない全く別の拠点のエンジニアと知り合えたり。仕事をすればするほど、人と出会うきっかけがあります。
就活生にアピールしたいのは、どんなところですか?
私は、若いうちに色々なことにチャレンジしたほうがいいと思っているので、LASSICならそれが叶うというところです。
エンジニアにとっては、お客様に近いところで、お客様の仕事を「肌で感じる」というのはものすごく大事な経験だと思っています。LASSICなら社内での開発も、常駐しての開発も、どちらも経験できます。地方で働くこともできるし、東京や大阪のような都市圏で働くこともできる。その後地方に戻りたければ、それもできる。案件の幅も広いので、フロントエンドの開発もあれば業務システムやアプリもあるし、開発言語も業種もさまざまなものに携わることができます。
色々なことをやってみて、ダメだったり、合わなければ方向を変えればいいだけのことですから、まず挑戦できる土壌が会社にあることが必要です。
その点LASSICは、手を挙げればチャンスを与えてもらえる会社ですから、やりがいがあると思います。

(インタビューの内容は、2017年11月時点のものです。)

PROFILE

正子 卓己(まさご たくみ)

システムインテグレーション部PrimeグループPrimeWESTチーム 責任者。
岡山県出身。2014年、LASSIC入社。
趣味の社交ダンスは、1~2ヶ月に一度、競技会にエントリーして少しずつ昇級中!
地元・岡山のダンスサークルで射止めた奥様と愛猫と、大阪で暮らす。
座右の銘は「適当」。

就活生へのメッセージ

ダメだった時にまた考えればいい。まずは挑戦あるのみ!