ラシック > らしくメディア > はたらく仲間の声 > プライドはいらない。いつでも、お客様の想いに「誠実」であるために。
プライドはいらない。いつでも、お客様の想いに「誠実」であるために。

プライドはいらない。いつでも、お客様の想いに「誠実」であるために。

【2018年 MLP受賞】濱田 陽介

プロフィール

濱田 陽介(はまだ ようすけ)

システムインテグレーション2部 デジタルマーケティンググループ

1979年、鳥取生まれ、鳥取本社勤務。広告代理店でのDTPデザイナー、Webデザイン会社での営業・デザイナーを経て、2013年、LASSIC入社。フロントエンドエンジニアとして、制作・ディレクション・営業支援を担当。本来業務だけでなく、社内各所から大量に舞い込むヘルプ要請を鮮やかにさばくスーパーサポーター。
DIY部、ポケGO部、サバゲー部に所属し、趣味は、映画鑑賞、ドライブ。
最近興味のあることは、質の良い睡眠。

【MLP(Most Lassic Player)賞】
LASSICの「行動規範」を最も体現した人に贈られる賞。「行動規範」は以下の通り。

[自主性] 自らの意志と行動により、自らの明日を創造しよう
[ベストを尽くす] 毎日1mmずつの成長を目指し、努力し続けよう
[チームプレー] お互いを尊重し、相手を信じてお願いしよう
[誠実] 大切な人に誇れる、正しい道を選ぼう
[人から学ぶ] どんなことからも、どんな人からも、謙虚に素直に学んでいこう
[やりぬく] あきらめなければ、必ず道は拓ける

[聞き手:広報担当 櫻井]

LASSICの6つの『行動規範』を最も体現した人に贈られる賞、『MLP賞』の受賞、おめでとうございます!受賞した感想を教えてください。

ありがとうございます。
もっとふさわしい人がいるでしょう~とも思いますが・・・ありがたいことです。

 

受賞理由として、6つの行動規範すべてにおいて体現度が高く、特に「誠実」が際立っているという評価でした。ご自身ではどのように意識されていますか?

強いて言えば、「誠実であろう」ということは心掛けています。「誠実」は他の行動規範にも必要な基本だと思うので、「誠実であろう」とすれば、他の行動規範も勝手についてくるんじゃないかと思っています。

 

「誠実」であるために必要なことは何だと思いますか?

自分の経験から、「誠実であること」を邪魔しているのは「プライド」なんじゃないかと思うんです。
逆に言うと、プライドさえ捨ててしまえば、意外と簡単に「誠実」は実現できるんじゃないかな、と。

 

プライドは、どうしたら捨てられますか?

まず、自分の言動が、「お客様のためよりも自分の“何か”を守ることを優先してしまっている」ということに気づく必要があると思うんですよね。
一度、思いっきり恥ずかしい思いとか、ものすごく悔しい思いをするといいと思うんですが、そういう機会がなくても、「自分が優先していることは何だろう?」という意識をもって自分の言動を見つめたり、本や他の人から刺激を受けたりしながら、考えることが大事だと思います。
そして、「お客様より自分を優先させている」ことに気づいたら、「お客様優先」に行動をシフトしていけば、その過程で、その人なりのプライドの捨て方が分かるのではないでしょうか。

 

hamadayosuke

 

「誠実」に欠かせない基礎行動とはなんでしょうか?

「細やかなコミュニケーション・進捗報告」だと思います。
仕事をする上で大切なのはお客様との信頼関係ですが、「信頼を得る=不安にさせない」だと思っていて、そのためには何をおいても「コミュニケーション」です。
それ以外に挙げるなら、「正直」「有言実行」でしょうか。

 

行動規範以外でもさまざまな点が評価されていますが、その中に「柔軟な発想」や「豊富なリアクション」というものがありました。この2つの秘訣は何ですか?

そうなんですか?
うーん、何だろう・・・。
たぶんですが、子供の頃からあらゆるエンターテイメントが大好きで、テレビ・ラジオ・雑誌・本・映画・音楽などを、流行りものからマニアックなものまで、消費しまくったんですよね。その大量のインプットが生きてるんじゃないかと。
それと、姉と兄がいてずっと仲が良いので、家族でのコミュニケーションが関係しているかもしれません。特に姉が面白い人なので、リアクションは姉とのやり取りで磨かれたのかもしれないです。

 

行き詰まった時、ピンチの時は、どうしてますか?

自分ではどうやっても答えが出せない時は、誰かに頼ります。
ただ、単に助けてもらうだけではなくて、「なぜそうなのか」「どうやって実現したのか」などは細かく聞いて、しっかり自分の中で咀嚼して、次に生かせるようにしています。

 

hamadayosuke

 

LASSICは、「ITで、地方創生」という経営方針のもと、「仕事の移管」と「仕事の創出」(※)を推進しています。まず、「地方創生」に関しては、どのような想いで仕事に取り組んでいますか?

地方が盛り上がってほしいという気持ちは強いです。
地方に人が溢れる活気のある状態にしたいので、今はそのための地盤づくりをしているんだという気持ちで仕事に取り組んでいます。
自分たちが良い見本となることで、まずは、地方で働いてみたいと少しでも感じている方の背中を押してあげられたらと思いますね。

ITで、地方創生」「仕事の移管」「仕事の創出」

  • ITで、地方創生」:参照―LASSICの戦略・ビジョン https://www.lassic.co.jp/vision/
  • 「仕事の移管」:大都市圏に集中する仕事を地方に移転する。「ニアショア」というメリットを活かして、大都市圏にある仕事を地方でもできるようにする。
  • 「仕事の創出」:地方に雇用を生むサービスや事業を創り出す。地方自治体との連携事業、地域を活性化するサービスの開発、新技術を使ったビジネスを創り出す

 

「仕事の移管」においては、東京から移管された仕事を鳥取で遂行する立場として、お客様に遠隔でサービスをご提供することについて、どのような意識を持っていますか?

もう何年も東京のお客様の仕事を担当させていただいていますが、正直、あまり「遠隔」を意識したことはないんです。
どこにいても、距離が離れていても、お客様が思うところにお応えするだけなので。
ただ、初めて仕事をさせていただくお客様に関しては、直接お会いできない中で信頼していただかなければならないので、メール、電話あらゆる手段を使って、コミュニケーションの頻度をさらにあげることを心がけています。
最近思うことは、メールやチャット等でのコミュニケーションが当たり前になった現代では、何ていうか、お客様を「実体」というか「感情のある生身の人間」として感じにくくなっているんじゃないかということです。なので、特に若い世代の人たちは、(遠隔の場合は)意識的にもっと「電話でのコミュニケーション」を活用したらいいのではないかと思います。

 

LASSICのどんなところが好きですか?

自由でオープンなところですね。
経営会議に出ることも議事録を見ることもできますし、仕事上の要望・希望もしっかり出せます。色々な人がいて面白いですし、垣根もなくて、親しみやすい風土だと思います。

 

MLP受賞者には、今後は目指すべき模範として周囲を引っ張って行く役割が期待されますが?

「誠実」という部分を評価いただいていますので、やはりそこを強化するための力になりたいですね。
それと「ロジカルシンキング」というか「考える力」のレベルを上げること。これも行動規範の体現度を高めるには必要なことだと思うので。
気付きを得たり、レベルアップするためのきっかけ作りや訓練をサポートできたらなと思います。

 

座右の銘があれば教えてください。

「人生1回」です。やらずに後悔するより、やって後悔したい。
30代の初めに、2年ほどイギリスに行ったのですが、その時もそういう思いでしたね。当時の少ない給料から貯めた貯金をぜんぶ使って、車も売って、すべてを捨てて、憧れの国に飛び込みました。行って良かったですし、「人生1回」という気持ちも強くなりました。
たとえば人との集まりも、気が乗らないと思う日でも行きます。何かしら必ず得るものがありますから。

 

最後に、「夫婦仲がとても良い」という噂を聞いたのですが、夫婦円満の秘訣を教えてください!

ははは(笑)。えーと・・・「妻の話をよく聞くこと」ですかね(照)。

(記事の内容は2018年8月時点のものです)

 

社内に聞いてみた、「濱田陽介ってどんな人?」

■同期:谷口 理章

  • 任せて安心!責任感が強く、頼まれた仕事は必ずやりきる人
  • ムードメーカー。仕事中の顔は怖いですが、持ち前のユーモアでチームや場を盛り上げてくれます。
  • 奥さまが美人。
  • 鳥取弁が強い。

■長く同じプロジェクトのメンバー:鈴木 洋樹

  • お客様との関係構築がうまい。丁寧な報連相、臨機応変な質問の受け答え、空気作り等。
  • 柔軟な発想の持ち主。別の角度からのアプローチを提案してくれるのでいつも助かっています。
  • 面倒見が良い。濱田さんが誰かに教えている姿を見かけるたびに、 「“全然余裕ない”って言ってたのに大丈夫かな…?」と思っています。
  • しょっちゅうコントをしている。ツッコミ役です。

■同じグループで同じ役職:藤岡 丈子

  • まじめで実直、正直。
  • ロジカルにはっきりとものを言う。チャットだと「怖い」と思われがち。
  • すぐにコントや人の真似を始める。教室で騒ぐ小6男子”的イメージです。
  • 意外と(?)素直。意外と(?)優しい。
  • ヨーロッパにかぶれている疑惑。イタリア人みたいにYシャツのボタンを3つ空けています。

■OJTで指導を受けていた:主藤 輝

  • 丁寧で相手の立場に立った指導をしてくれる。
  • 成果を出すことに真摯。分からないことは、新人の自分にさえ聞いてこられる。
  • 奥様と仲が良い。
  • リアクションが豊富!!

hamadayosuke

【こちらの記事もおすすめ】

Uターンの車窓LASSICコラム|「東京から地元へ。Uターン転職のメリットとデメリット」

「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念とするLASSIC(ラシック)では、今後もIターン・Jターン・Uターン採用を積極的に行い、愛する土地で自分らしく働ける社会の創出を目指してまいります。

LASSICへの転職・就職にご興味をお持ちの方は、ぜひ採用ページもご覧ください。

地方創生採用image



個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです