ラシック > らしくメディア > はたらく仲間の声 > 新人・ミヤジに聞いたRemoguの仕事
新人・ミヤジに聞いたRemoguの仕事

新人・ミヤジに聞いたRemoguの仕事

Remogu部 RA 宮嶋 元樹

事業検証期間を経て、2018年11月に本格的にスタートした、リモートワークに特化したエージェント事業「Remogu~リモグ~」。
どんな事業で、どんな仕事をしているのか?
2018年11月からRA(リクルーティングアドバイザー=法人担当営業)として、企業の採用活動をサポートする宮嶋元樹がRemoguを紹介する。

プロフィール

宮嶋 元樹(みやじま もとき)
生まれも育ちも横浜市のハマっ子。共感できるビジョンと、そのビジョンに直結した仕事を求めて就活。就活媒体で企業検索していた時、間違って「鳥取県」を選択したことからLASSICを見つける。「地方で働くのもアリだな」と初めて思った。当初はエンジニアでの入社を考えていたが、Remoguのビジョンと意義に共感し、キャリア転換した。

[聞き手:広報担当 櫻井]

 

「Remogu」 とは…?

リモートワークの仕事とリモートワーカーに特化した人材エージェント事業です。リモートワークで働きたい方とリモートワーカーを採用して活用したい企業のマッチングをしています。
「選択できる社会を創る」がRemoguの事業ビジョンで、今は「エンジニア領域」でサービスを提供していますが、将来的には他の職種にも広げていきます。
完全なリモートワークだけでなく、週に何度かオフィス勤務がある「ハイブリッド型」や、オフィス勤務から初めてリモートに移行する「シフト型」などもあります。
リモートワークをやったことがない方や、リモートの仕事なんてないだろう、とあきらめている方には、ぜひ活用していただきたいです。

 

RAの仕事

リモートワーカーを受け入れる(リモートワーカーと契約する)企業側を支援する仕事です。
具体的には、大きく分けて、新規顧客開拓、案件開拓、マッチングという3つの業務があります。
・新規開拓
電話やWeb経由で新しいお客様を開拓する。開拓する企業のリストも自分で作る。どんな企業ならニーズがありそうか?考え、調べて、電話をかけていく。かけまくる。
・案件開拓
企業から仕事情報をいただく。どんな仕事か条件だけではなく、企業理念や文化、キャリアパスなどをしっかりと理解することが大事。企業がリモートワークを想定していなくても、リモートワークOKにできる仕事も多い。その可能性を引き出して行く。
・マッチング
企業からいただいた案件と、Remoguに登録中の人材とをマッチングしていく。具体的には、同じRemogu事業部で人材担当をしているCO(コーディネーター)に案件情報を共有して合う人を紹介してもらうか、人材の情報が登録されているデータベースから合う人を探し出す。
合う人が見つかったら、メールや電話で企業からいただいている仕事のプレゼンをする。いかにその仕事の魅力を伝えられるか、がキモ。紹介した方に興味を持っていただけたら、企業に紹介し、企業にも興味を持っていただけたら、面接を設定。良いお見合いになるようにサポートする。

 

宮嶋元樹

 

ある一日

早めに出社して、一日のタスク整理からスタート。
9:00
朝会。皆、明るく元気。
9:15
マッチング大会:担当案件のPR。昨夜登録いただいた方と合いそう。
11:00
企業訪問:初訪問。リモートワークにご不安がある様子だったが、他社様の事例などもご紹介し、案件をいただけた。
13:30
企業訪問:面接に同席。終了後の企業側ご担当者の反応は上々。人材側はどうか!?
15:00
入力作業:午前中にいただいた案件情報をデータベースに入力。会社・仕事の魅力を分かりやすく文章化。
16:00
テレアポ:かなり慣れた。3件アポ獲得!
17:30
午後イチの面接は企業・人材ともにOKとのこと!嬉しい!
18:00
事前面談(オンライン):担当案件に興味を持たれた方に詳しい説明など。
20:00
よく行く地元の居酒屋へ。いつも誰かしら友人が来ている。

 

宮嶋元樹

 

RAに求められること

まずは、企業や仕事に対する理解力だと思います。自分はまだ会社組織や「仕事」というもの自体の理解が浅いですし、さらに、開発言語など専門知識も必要なので、ひたすら勉強です。

 

やりがい

すごくやりがいがあります!
リモートワークをしたことがない方が就業したら、世の中にリモートワーカーが一人増えたということですし、最初は「リモートワークはちょっと…」とおっしゃっていた企業様から「リモートワークでもうまくいってるよ」と言っていただけたり、さらには追加の案件をいただけたりすると、世の中が変わっていっている、そこに自分が関わっている、ということを実感します。
自分の仕事ひとつひとつが、Remogu事業の成長に貢献している、ということもやりがいです。

 

宮嶋元樹

 

成長

仕事は、自分のためじゃなく「誰かのために」するものだ、と思うようになったことです。

 

いま目指していること

・リモートワークが当たり前になって、ロケーションフリーな世の中を創る
・「リモートワークなら“Remogu”」と言われるようにする
・Remoguで他地域に拠点ができたら任せてもらえるくらい一人前になる

 

今の宮嶋のバイブル

 

Remoguはどんな環境?

・尊敬できる先輩が多い
・ここで頑張りたいと思える
・責任感を持てる
・成長しないといけないと思える

 

上司・先輩はどんな感じ?

どんな時も適切なアドバイスをいただけるので、やるべきことが明確になり、思い悩む必要がないです。明るくて、みんなで同じ目標を一緒に追いかけているのが楽しいです。
金曜はチームで、オフィス近くの「養老乃瀧」に飲みに行くことが多いですね。
ただ、「話がつまらない」とよく突っ込まれるので、「笑い」も勉強中です。

(記事の内容は2019年6月時点のものです)

宮嶋 元樹 Motoki Miyajima

明るく優柔不断なDeNAベイスターズファン。めげないのがウリ。特技はビラ配り。学生時代の学習塾でのバイトでは、新宿の校舎長を務めながら、日本全国150校舎のビラ配り隊を統括し、戦略立案や実行、教育をしていた。

宮嶋元樹

【こちらの記事もおすすめ】

hamadayosukeはたらく仲間の声|【2018年 MLP受賞】濱田 陽介「プライドはいらない。いつでも、お客様の想いに「誠実」であるために。」

「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念とするLASSIC(ラシック)では、今後もIターン・Jターン・Uターン採用を積極的に行い、愛する土地で自分らしく働ける社会の創出を目指してまいります。
LASSICへの転職・就職にご興味をお持ちの方は、ぜひ採用ページもご覧ください。

地方創生採用image




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです