LASSICの地方創生貢献スタイル

地方創生「まち・ひと・しごと創生法」とは

地方創生と聞いて、みなさんは何を想像されるでしょうか。
「シャッター街となった商店街の町おこし」
「観光地や名産品のPR・振興」
「ふるさと納税」
…etc.

どれも正解ではありますが、日本の法律で、2014年に公布された地方創生を推進するための法律「まち・ひと・しごと創生法」はご存知でしょうか。

まち…国民一人ひとりが夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営める地域社会の形成
ひと…地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保
しごと…地域における魅力ある多様な就業の機会の創出

地方の人口減少や東京圏への人口集中を食い止め、地方を活性化するための基本理念として定めた法律です。

LASSICが担う地方創生は「しごと」

LASSICが担う地方創生は「しごと」

LASSICは鳥取県を創業の地とし、日本全国に活動拠点を増やし、地方人材を積極的に採用すると共に「鳥取発、ITで地方創生」をスローガンに国策である「地方創生」へ積極的に関与し貢献してきました。

私たちLASSICは、高度かつ高報酬の仕事を、首都圏ではなく地方で生活しながら携われる「仕事の移管」を経営目標に掲げて活動しています。
また、地方であっても首都圏と変わることのない最高水準の給与額を実現し、地方の優秀な人材が地方から流出する大きな要因となっている「地方には魅力的な仕事がない」という問題を解決すべく事業成長を推し進めています。

LASSICは「まち・ひと・しごと創生法」の「しごと」に焦点をあてて地方創生に大きく貢献しようとしています。

なぜ「しごと」なのか

地方の魅力を構成する要素として以下の4つがあります。

(1) 生活する場としての魅力
(2) 学ぶ場所としての魅力
(3) 働く場所としての魅力
(4) 観光や遊ぶ場所としての魅力

この中で、最も魅力が弱いのは(3)働く場所としての魅力です。
地方には、大学を卒業して働く場所として、役所や銀行、建設業や農林漁業、観光業など選択肢の限られるケースが多く、高度かつ高報酬な仕事、大学で学んだことを活かす環境の多くは東京をはじめとした大都市圏にあります。

この最も魅力が弱い(3)働く場所としての魅力を、私たちの持つ「リモート×IT」の力、事業創造やサービスを通じて高めていくべく貢献してまいります。

「しごと」に絞る理由

地方創生を謳う企業は多いと思います。
会社の存在意義、社会価値の創造として「地方創生」を掲げる企業は数多くあります。
ところが、その多くは「CSR」の一環であり、事業として収益性を持って地方創生に取り組んでいる企業は数少ないと言えます。

一方、事業として地方創生に取り組み、収益を上げる企業も多くあります。
それでも、多くの収益企業は、「その県その町」地域に限定した事業であり、日本全国で事業展開する企業も少ないのが現状です。

私たちLASSICは、1つの町興しを目的とした地方創生企業ではありません。
日本全国の地方を元気にしたい。
そのためには、「事業としての収益性」が重要になります。

利益を上げて、はじめて事業拡大や新たな投資が行えます。

さらには収益が大きければ大きいほど、早く、より多くの人や町に対して地方創生の貢献ができるようになります。

そのために、私たちLASSICは「仕事の移管」という、地方への貢献とビジネスとしての高い収益性を持つ事業に経営資源を集中させています。

この貢献スタイルに共感いただける方

この貢献スタイルに共感いただける方

LASSICは、地方創生という社会価値を創造する企業として

・地方を代表する優秀な人材が集う会社
・高度かつ高報酬の「仕事」を首都圏から地方へ移管する会社
・最高の給与水準、首都圏と地方の給与格差を是正する会社

という未来像を描いています。

「しごと」にフォーカスし、私たちと一緒にLASSICの未来像を実現するための具体的なプランを一緒に考えてみませんか?

あなたの地元を元気にしたい、という志しに対して「しごと」に絞った地方創生貢献スタイルに共感いただける方を募集しています。

LASSICの未来像