PAGE UP

鳥取に元気を、人に笑顔を。
目指すは、「スーパーエンジニア」。

2016年新卒入社・プログラマー

宇津宮 昂平

鳥取に元気を、人に笑顔を。
目指すは、「スーパーエンジニア」。

2016年新卒入社・プログラマー

宇津宮 昂平

鳥取県米子市出身。仙台に配属となり、主に「Web会議システム」の開発プロジェクトにて、設計から実装までを担当している。「ITで、地方創生」への共感度は「仙台一」と言われる宇津宮に、その想いを聞いた。

なぜLASSICを選んだのですか?
鳥取で働く、エンジニアになる、地元を元気にする、この3つが叶う会社だったからです。
子供の頃は活気があった商店街がシャッター商店街になってしまったり、県外に出たまわりの人たちが戻って来なかったりして、だんだん地元に活気がなくなって来ていることが寂しいなと思っていたので、鳥取を元気にできたら、という想いがありました。
エンジニアという仕事で地方を活性化できるなんて思ってもいませんでしたが、LASSICを知って、そこが結びついたのが大きかったです。
LASSICは、東京の就職フェアで見つけたのですが、目指しているものも話している内容も情熱も、他の企業とは全く違っていて、一瞬で興味を持ちました。
「インターンやってますか?」と聞いてみたら、「予定はしてないですが、興味あるなら企画しますよ」と、本当にすぐにプログラムを作ってくれて。
インターンはLASSICのことをよく知ることができて良かったのですが、一番入社したいという気持ちにつながったのは、そのあと誘っていただいた、自治体イベントのお手伝いでした。
LASSICが長年、企画・運営の支援をしている鳥取県智頭町の婚活イベントで、LASSICの「感情解析アプリ」を使って参加する男性と女性をマッチングしたりして、イベント自体も面白かったのですが、何より刺激を受けたのが、このイベントを担当する自治体の方々の、地域を盛り上げようとするエネルギーがすごかったことです。
きっと、こういう風に「地元を盛り上げたい!!」という熱い想いを持った人たちは他の地域にもたくさんいて、助けを必要としている人もたくさんいるんだろうな、そういう人や地域のサポートに携わってみたい、と、その時初めてリアルに思いました。
入社してみてどうですか?
入社してからは、地方を活性化するための道はいろいろあることを知りました。
たとえば、拠点を作って雇用を作ることだけでもそうですし、LASSICが戦略として掲げている「仕事の移管」を進めて、大都市圏の仕事を、地方拠点で行うこともそうです。
現在担当している「Web会議システム」の開発も、この製品によってリモートワークとリアルの垣根が低くなれば、リモートワークの普及につながり、リモートワークの普及が進めば、地方で働ける人が増えて、地方の活性化につながります。それは、この製品を通じてお客様が目指していることでもありますが、自分もこの仕事を通じて、「リモートの課題」を解決したいと思っています。
他にも、別のチームが鳥取で取り組んでいる「ロボット病棟®」という、AIなどの先端技術を使って地域医療の人手不足を補おうとするプロジェクトもあって、個人的にもすごく興味があります。
今後、LASSICが「50の地域に、1,000人の仲間」というビジョンの通り、日本の各地に社員を増やして行けば、たとえばエリアごと協力し合って、エリア内の共通点や特性に合った新しい「IT×地方創生」の取り組みを生み出せたりするんじゃないかと思います。

「ロボット病棟」は、株式会社LASSICの登録商標です。

最近楽しいことや、嬉しかったことは何ですか?
「Web会議システム」に搭載する「ホワイトボード機能」を開発していて、その実装が楽しいです。まったく先が見えなかったところから、だんだん形になって来ました。
毎日コードを書きまくって技術レベルが上がっていますし、最近では、技術的に無理かもしれないと思われていた機能を自分のアイデアで実現できたことが特に嬉しかったです。
自分の成長段階を考えた上で幅広く仕事を任せてもらえて、学びやすい環境を作ってもらえていると感じてます。
目指していることは?
今はまだ、お客様の求めるレベルに必死でついていっているという状態ですが、早くもっと高いレベルで信頼していただけるようになりたいです。
まずはエンジニアとしてのレベルをあげて、いずれは技術的にチームを引っ張れるような存在になりたいですし、周りの先輩のように「自分らしい強み」も発揮したいです。
将来は、たくさんの人を笑顔にする「スーパーエンジニア」になって、鳥取を元気にしたい。そのために、何にでも挑戦していきたいです。
どんな人にLASSICを薦めたいですか?
どうしても〇〇がしたい、とか、〇〇のためなら何でもする!というような、自分のやりたいことに強い情熱を持って行動できる人ですね。

(インタビューの内容は、2017年11月時点のものです。)

PROFILE

宇津宮 昂平(うつみや こうへい)

システムインテグレーション部 Bridge Creationグループ VCチーム。
ほっそりとした体だが、こう見えてアウトドア派。学生時代は、スキーやボートで全国大会に出るほどの実力で、今も週末は登山やスノボなどを楽しんでいる。鳥取を愛してやまないが、仙台の「都会と田舎のバランスがいいところ」も気に入っている。

就活生へのメッセージ

会社の雰囲気や仕事、社員がよく分かるので、ぜひインターンに参加してみてください。