ラシック > お知らせ > プレスリリース > 「場所に依存しない働き方」の情報をお届けするWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(…

「場所に依存しない働き方」の情報をお届けするWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」リリースのお知らせ

2021年01月12日

 全国11拠点、リモート環境下でシステム開発を行う株式会社LASSIC(ラシック)(本社: 鳥取県鳥取市、代表取締役社長: 若山幸司、以下「LASSIC」)は、複数拠点での分散開発経験を通じ、この度、「場所に依存しない働き方」を推進・支援する情報を発信するWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」をリリースしました。

テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)

   

■ 立ち上げの背景

LASSICは、「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念に掲げ、東京一極集中の経済活動を分散し、地方の活性化に寄与すべく努めてまいりました 。

人々が場所によって仕事内容や職種、勤務条件を左右されることなく活躍できる世界を実現すべく、東京や首都圏にオフィスを構えるお客様に対して、全国各地にあるLASSICの開発拠点からリモートでシステム開発支援を行うニアショア開発サービスを提供しています。

その経験やノウハウを活かし、昨今のコロナ対策としても注目を集めるリモートワークや在宅勤務など「場所に依存しない働き方」が世の中に一定評価され、浸透することを目指してスタートしました。

  

■ テレリモ総研について

テレワーク・リモートワークに関する様々な情報をお届けしてまいります。

毎年テレワーク・リモートワークに関する意識調査を実施し、調査結果の公開および回答内容を基にしたコラムの配信を予定していします。また、希望される方には調査データを無料配布いたします。

今後、テレワーク・リモートワークに関する情報収集を希望される報道関係者様とタイアップした市場調査も承ります 。

詳しくは以下のリンクからお問い合わせください。
テレリモ総研 お問い合わせ

    

■ 記事の二次利用について

テレリモ総研内に掲載している記事およびイラストは、第三者による二次利用を許可しています。また、記事をそのまま流用いただくことも可能です。ただし、調査結果データとイラストの加工・改変は禁止しております。

ご利用の際は、各記事の最後に記載しておりますご利用条件をご確認ください。

  

テレリモ総研では、テレワーク・リモートワークが働き方の選択肢の一つとして一般化することを目指し、在宅勤務やワーケーション、ノマドワークなど多様な働き方に注目した情報をお届けします。ぜひご期待ください。 

以上

  

  

    

■株式会社LASSIC(ラシック)について

 LASSICは2006年に鳥取県で創業し、『~鳥取発~ITで、地方創生』を経営理念に、ITを通じてポテンシャルや魅力に溢れた地方の活性化、地方創生の実現を目指している企業です。
 東京に一極集中しているIT業界の経済活動を地方に分散させる“地方輸出”の仕組みづくりや、ITとアイデアで地方自治体の課題解決を支援する地域イノベーション支援事業、人や組織の状態を見える化し改善を支援する感情解析技術の研究開発などに取り組んでいます。
 人々が心豊かに働ける環境を整えると同時に、社会に向けて新しい価値を発信し、日本全体の経済活動を盛り上げるべく、事業を推進しています。

本 社: 〒680-0843 鳥取県鳥取市南吉方3-201-3
代表者: 代表取締役社長 若山 幸司
設 立: 2006 年 12 月 26 日
資本金: 9,968万円
事業内容: システムインテグレーション事業、Remogu(リモグ)事業(リモートワーク人材エージェント)、KnockMe!(ノックミー)、地域イノベーション支援事業、感情解析研究開発事業
拠点: 鳥取(本社)、秋田、仙台、東京、大阪、姫路、那岐、米子、岡山、広島、福岡
URL: https://www.lassic.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/lassic.co.jp/

     




個別ページです 投稿ページです 通常の投稿ページです