PAGE UP
自分の「らしさ」を生かせ!!

先輩社員インタビュー 2018年入社・新卒採用担当 森本 萌

コーポレート部・責任者
兵庫県から、鳥取大学農学部へ。大学時代は、興味のあることを次々と実行していくうち、農業、SNSマーケティング、デザイン、ビジネス企画、プロデュース、Web運営、クラウドファンディング、マネジメントなど、色々なスキルを身に着けた。現在も副業で、Webメディアと多肉植物屋を営む。

仕事内容

入社2年目から責任者に抜擢して頂き、採用に関わる業務全般とメンバーマネジメントを担当しています。

具体的には、採用方針・予算の策定や、インターンシップ・採用サイト制作・メディア活用・説明会開催などの募集企画・運用、面接を含む選考、学生さんとのリレーション構築など。

入社早々から現場に出て、その時点からかなり裁量を持って動かせてもらっています。私の提案が会社にとって理に適っていれば、「OK、GO!」。

慎重さや緻密さが求められる仕事は別ですが、基本的に「失敗を恐れず動いてスピーディにPDCAを回そう」という風土です。

不足があればきっちり指摘やフォローがもらえますし、困った時も色々な人が助けてくれます。

最初は「この会社、新人にこんなに任せちゃって大丈夫なの!?」と戸惑いましたが(笑)、自分の頭で考えて主体的に動けるのは性に合っていて、仕事がめちゃくちゃ楽しいので、週末は月曜が待ち遠しいです!

LASSICの好きなところ

  • ・鳥取で働いていても、案件は東京の仕事なのでそのスピード感を体感できる
  • ・地方→東京、東京→地方などの配属可能性があり、働く地域の選択肢が多様
  • ・新人でも積極的に意見が聞いてもらえ、採用される
  • ・マネージャー陣の意識がフラット。「上司だから」「自分の方が偉い」的なものがなく「チームをまとめる役割」という役割意識
  • ・先輩がみんなデキる上に面白い!バックグラウンドも多様
  • ・本社はデスクがフリーアドレス。気分転換と集中にかなり効果的
  • ・ブラザー・シスター制度という仕組みで、入社後にしっかりフォローしてもらえる
  • ・面接が丁寧、人間性を見てくれる
  • ・裁量労働制という働き方が選択できる
  • ・服装が自由(スーツじゃなくてよい)

野望

2年以内には、プロジェクトチームを立ち上げて、LASSICの人材活用の仕組みづくりに参画したいです。特に自分で採用した子たちには、いきいきと働いて実力を発揮してほしいし、ぐんぐん成長して潜在能力も花開かせてほしい。

目の前にある課題は何でも解決したいし、主体的に解決するのは得意なので、その適性を活かしたいです。

また、もうすぐ農業を始めるので、週4LASSIC、週3農業という働き方ができたら最高です。

(2019.12現在)

PROFILE

森本 萌(もりもと めい)
1992年生まれ。神戸の下町育ち、鳥取市在住。幼少期からの読書好き、図書館の棚を端から読破しているうちに速読をマスター。マンガは5分以内で読了。マイブームはアガベという多肉植物。棘があってカッコいいだけでなく、鳥取の寒さに耐えてくれるかわいいヤツ。丹精込めると棘が手に刺さらなくなるとか。ちなみに名前の「めい」はトトロが由来。

先輩社員に聞く インタビュー

2021年度新卒採用
エントリー

会社説明会へのお申込みもこちらから