ラシック > 『鳥取発』の意味

鳥取、そして地方は知る人ぞ知る魅力に溢れてる

鳥取県と聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべるものといえば、やはり鳥取砂丘でしょう。その他には、二十世紀梨や松葉がにといった名産物もありますが、最近ではこれまで全国で唯一店舗のなかったスターバックスができたことも大きな話題になりました。そして「全国47都道府県で最も人口の少ない県」としても知られる西日本有数の豪雪地帯、それが鳥取県です。

砂丘のイメージに終始しがちですが、北栄町は『名探偵コナン』の青山剛昌氏、境港市は『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげる氏の出身地として知られるほか、浦富海岸は沖縄の石垣島にも並ぶと言われる透明度を誇っています。このように、実際に現地へ足を運んでみると知る人ぞ知る魅力に溢れているのは鳥取県に限らず、日本の地方ならどこにでも当てはまる美点ではないでしょうか。

 

昔の鳥取高等農業学校校舎

 

地方創生を体現した、鳥取生まれのLASSIC

私たちLASSICは、そんな愛すべき鳥取県で生まれた会社です。日本で最も人口の少ない場所での起業を不安視する声も少なからずありましたが、2006年12月の創業以来、ローカルにおけるワーク&ライフスタイルにこだわりながら、首都圏の大手クライアントや地域自治体のプロジェクト支援、メンタルヘルスなどへ取り組んだ結果、今ではそのスタイルに共感した仲間が100名を超えました。

大正9年にルネサンス式の格調高い意匠をもって建てられた旧鳥取高等農業学校校舎。かつて県の特産品である二十世紀梨や米の改良に取り組み、鳥取県の農業振興に大きく貢献したこの地は、旧・鳥取三洋電機工場を経て、2017年には私たちの新社屋となりました。第一次産業から第二次産業を経て、第三次産業へ…。その変遷は、これからの地方創生の在り方を体現しているのではないでしょうか。

鳥取から全国50の地域へ

“らしく”の実現を原動力に、鳥取から全国50の地域へ

日本中が地方創生やワーク&ライフバランスに注目する今、私たちは鳥取と同様にポテンシャルや魅力に溢れた地方を活性化して、日本経済そのものを盛り上げていきたい。これまでに鳥取で体現してきた“愛する土地で自分らしく働く”ことでかなえる地方創生を、全国に広めていきたい。その実現に向けて、私たちはまず「50の地域に1,000人の仲間」をつくることから始めます。

「地方創生採用」と名付けたこの取り組みは、Iターン、Uターンに限らず、ライフスタイルやライフステージに合った働き方をすることで、社会に向けて新しい価値を発信していくことになるはずです。私たちは、「らしく」の実現に共感してくれる仲間一人ひとりの価値観や夢を大切にすることで、お客様を含めた社会全体が幸せになる世界を創造してまいります。