News お知らせ

テレワーク・リモートワーク総合研究所が、『海外企業リモート勤務への関心』に関するアンケート結果を公開しました。

2024.02.08 プレスリリース

 

 

テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研 運営元:株式会社LASSIC 東京都港区 代表取締役社長:若山幸司、以下「LASSIC」)は、『海外企業リモート勤務への関心』について市場調査を行い、その調査結果をテレリモ総研内で発表しました。

テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)

 

■ 概要

近年、急速な円安が進み、数十年ぶりの円安・ドル高が進行しています。その影響は実生活にも及んでいる方もいるようで、このまま円安が進行し続ければ「給料が上がらないのに物価だけは上昇し続ける」という、いわゆるスタグフレーションを起こすと言われています。そうなってしまった場合、日常生活に多大な影響を及ぼしかねません。

このような状況を背景に、一時期話題になったのが海外企業でのリモート勤務です。止まらない円安傾向という状況において、外貨による給料アップは非常に魅力的。一方で「海外はハードルが高いかも」と思われる方がいるのも事実です。

そこで今回は、日本に居ながらにして給料の大幅アップの可能性もある海外企業でのリモート勤務について、リモートワーカーの興味・関心を調査しました。

 

調査結果は、PR TIMESにて公開しております。以下のリンクからご覧ください。

約半数が海外企業に関心を寄せている!?「海外企業リモート勤務への関心」について市場調査結果を公開!

 

■ 調査概要

・調査期間:2023年11月10日~2023年11月13日
・調査対象:全国20歳〜65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1044名
・調査方法:インターネット調査

 

テレリモ総研では、人々が場所によって仕事内容や職種、勤務条件を左右されることなく活躍できる世界を実現すべく、テレワーク・リモートワークが働き方の選択肢の一つとして一般化することを目指し、多様な働き方に注目した情報をお届けしてまいります 。

                                                           以上

 

 

■株式会社LASSIC(ラシック)について

LASSICは2006年に鳥取県で創業、「リモート社会をリードし、ボーダレスワークの実現によって社会に貢献する。」を経営ビジョンに掲げ、完全在宅勤務の正社員求人情報や、フリーランス向けのJOBエージェント事業「Remogu(リモグ)」をはじめ、東京の仕事を日本全国の地方からリモートでシステム開発・運用・保守を行うIT事業など、地方に雇用を生み出す社会貢献活動を事業として手掛けています。
人々が心豊かに働ける環境を整えると同時に、社会に向けて新しい価値を発信し、日本全体の経済活動を盛り上げるべく、事業を推進しています。

 

■会社概要

東京本社: 〒108-0074 東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル 4F
鳥取本社: 〒680-0843 鳥取県鳥取市南吉方3-201-3
代 表 者 : 代表取締役社長 若山 幸司
設  立: 2006 年 12 月 26 日
資 本 金 : 9,968万円
事業内容: Remogu(リモグ)事業(リモートワーク人材エージェント)、IT事業(システム運用・保守)、KnockMe!(ノックミー)、テレリモ総研、リ・ラシクなどのWeb・メディア運営
拠  点: 鳥取、東京、那岐
U R L : https://www.lassic.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/lassic.co.jp


View