ラシック > らしくメディア > LASSICコラム > 【在宅勤務あるある】テレワークの服装と過ごし方

【在宅勤務あるある】テレワークの服装と過ごし方

みなさん、慣れないテレワーク(在宅勤務)でストレスや疲れが溜まっていませんか?

中国で最初の新型コロナウイルス感染者が確認されてから4ヶ月。
日本では、ニューヨークのロックダウンから遅れること2週間後の4月7日に「緊急事態宣言」が発出され、オフィスでのデスクワークから、在宅でのテレワークに切り替えた方も多いと思います。

私の会社はテレワーク・リモートワークを世の中に広めていく事業を行っていますので、従業員に対しても2月18日と、割と早い段階からテレワークが推奨され、私自身は2月末からテレワークに切り替えました。
このコラムも在宅で書いています。

社会人になって、うん年、産休以外はずっと都心のオフィスビルでデスクワークをしてきましたので、不安と期待が入り混じる感じでテレワークをスタートさせましたが・・・

「家の中は散らかり放題。このままじゃ全然仕事ができる環境じゃない!!」
「まさかの夫婦一緒にテレワーク!・・これはストレス溜まりそう」
「保育園、事実上の登園制限!えっ、育児しながら仕事できるかな・・・」

と不安の方が大きくなっていました。(涙)

ストレス解消にとSNSを見ていたら、

なんと!まるで日頃の私のことを書いたような投稿の数々!(笑)

ネット上の「在宅あるある」に共感しつつ、愚痴だけでは暗くなるばかりですので、この状況をプラスに受け止められる息抜き方法や、私なりのストレスを溜めないテレワークをいろいろ試していきたいと思います。

みなさんも、ご自身周辺の「あるある」と共感してストレス発散していただき、「これ良さそう!」というものがあれば、ぜひお試しください。

自己紹介が遅くなりましたが、筆者のプロフィールをお伝えします。
東京都在住の主婦で、歳は30代前半。夫と1歳になる子供の3人家族。現在は夫婦共に在宅勤務中です。

さて、最初の話題は服装とメイクのお話から。

テレワークをはじめるまでの私は、広報を担当しつつ、社長宛に来訪されるお客様対応などもありましたので、メイクや服装は清潔感を意識し、身だしなみに気を遣うようにしていました。

そ・れ・が!
テレワークをはじめた当初は、在宅とはいえ、メイクはしっかり、服装も出勤時とほぼ変わらなかったのが、いまでは・・・

服装は、着心地重視の休日モード!
メイクは、日焼け止めとアイブロウのみ!
食事はパンやラーメン、冷凍食品などの超手抜き!

もしかして、これってテレワークの強力なメリットじゃないですか!?

さすがに、パジャマのようなリラックス重視の格好は、精神的に完全なオフモードになって仕事をする気がなくなりますので避けていますが(笑)

最近小じわや、ほうれい線が気になり始めましたので、保湿の鬼になってファンデーションはお休み。

着心地優先の格好をにしたら仕事に集中できるようになって、時計を見ると14時なんて日もしばしば。

そんな時の昼食は、近所にあるお気に入りのパン屋さんで買うお惣菜パンや、インスタントラーメン、冷凍食品など、完全に手抜きできる食事で軽くすませています。
(※旦那さん、ごめんなさい!)

テレビ会議で顔を映すときだけ、パパッとメイク、上半身だけジャケット羽織ってそれっぽく。

ああ、テレワークいつまで続く、先が見えなくてこのままだとストレス溜まりそう!と思っていましたが・・・

あれ?ちょっと待って。

満員電車で往復2時間半も拘束される通勤や、朝から身だしなみに気の抜けない状況で働く毎日よりも、だいぶ楽ちんなのでは!?

引きこもりゆえに、新型コロナウイルスへの感染リスクも低くなり、テレビで見る報道に怯えることが減って、気持ちがだいぶ軽くなりました。

みなさんは、どんな服装やメイクでテレワークしていますか?もしかして私、この楽ちんさに気がつくの遅いですか!?(笑)

新型コロナウイルスとの戦いは長期戦になりそうですね。

途中で息切れしないよう、テレワークならではのメリットを見つけて、肩ひじ張らずに困難を乗り切っていきましょう。




個別ページです 投稿ページです その他のカスタム投稿ページです